このページの本文へ

セキュリティーカバーを備えたレノボの法人向けオールインワンPC

2017年05月30日 17時25分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボ・ジャパンは5月30日、法人向けデスクトップPCブランド「Lenovo Vシリーズ」を発表、同時に「Lenovo V310z All-In-One」を発売した。価格は11万8800円から。

 法人向けデスクトップPCでオールインワンタイプのエントリーモデル。本体とモニターが一体型となっているため、オフィス環境において最適なモデルだとうたう。

 本モデルでは同社製品初となる、インターフェース・セキュリティー・カバーを搭載している。USBコネクターなどを鍵付きのカバーによって保護し、背面にあるインターフェースへの不正アクセスを防止できる。

 また、運搬時に適したキャリーハンドルや、ディスプレーに設置されているカメラロック機能なども備えている。

 主な仕様は以下のとおり。

Lenovo V310z All-In-One
Lenovo V310z All-In-One
OSWindows 10 Home(64bit)/Windows 10 Pro(64bit)/Windows 7 Professional(64bit)
CPUCore i3/i5
ディスプレー19.5型ワイドHD+ TN WLED液晶
メモリー最大16GB PC4-19200 DDR4 SDRAM SODIMM
ストレージ500GB HDD/256GB SSD
LAN10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T(Wake on LAN対応)オンボード
ワイヤレス802.11 ac、Bluetooth 4.1
オプティカルドライブUltra Slim DVDスーパーマルチ ドライブ 5.25インチ
インターフェースUSB 3.0×4/USB 2.0×2/マイク入力・ヘッドフォン出力対応・コンボジャック/HDMI/有線LANポート
側面、画面の角度調整も可能背面

カテゴリートップへ