このページの本文へ

スポーツシーンに最適なフィット感、防汗、快適性

世界最小クラスのワイヤレススポーツイヤフォン「Jaybird Freedom Wireless」

2016年09月01日 16時25分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ロジクールは9月1日、ワイヤレスイヤフォン「Jaybird Freedom Wireless(ジェイバード・フリーダム・ワイヤレス)」を発表した。9月15日よりJaybird製品取扱店で発売する。販売予定価格は2万1470円。

 Jaybird Freedom Wirelessは大音量ながら、スポーツシーンに最適なフィット感、防汗、快適性を実現したワイヤレスイヤフォンだ。イヤフォン部のサイズを小型化した耳にフィットしやすいデザインを採用。オーバーイヤー、アンダーイヤーの両方に対応なのでシーンにあわせて使い分けることができる。

 高品質のインジェクションモールド(MIM)メタルパーツを採用。全メタルハウジングの利点である歪みを軽減する特性で、ワイヤレスインイヤーでは難しかった高品質サウンドを実現したという。チャージングクリップを使用することで再生しながらの充電が可能だ。これによりイヤフォン本体で4時間、チャージングクリップで4時間、合計8時間の再生時間を実現した。また、My Soundアプリでサウンド設定をカスタマイズが可能。設定をイヤホンに保存していつでも好みのサウンドを楽しめる。

カラバリはゴールド、ブルー、ブラック、レッド

 サイズはおよそ幅23.4×奥行き6.2×高さ22.4mmで、重量はおよそ13.8g。Bluetoothバージョンは4.1。内蔵マイクはMEMS、双方向、ウルトラ低消費電力。コード管理クリップ、イヤーチップ、コードシャツクリップ、USB 2.0充電ケーブル、充電クリップ、イヤーフィン、キャリングケースが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン