このページの本文へ

ビジネスに差がつく法人向け2in1はコレだ!! ジサトラ『ドヤ顔選手権』

必見! 美人OLつばさが教えちゃう、カシオの最新プロジェクターの"5秒"に釘付け!!

2016年07月22日 11時00分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASCII読者にはすでにおなじみ、あの“ジサトラ”メンバーが、「ビジネスに差がつく法人向け2in1はコレだ!! ジサトラ『ドヤ顔選手権』」と題して、Windows 10と第6世代 インテル Core プロセッサーを搭載する法人向け最新2in1のメリットを動画で解説するシリーズを開始。第5弾「ワイヤレス編」では、なんと”つばさ”が美人OL役として急きょ参戦。カシオ最新プロジェクターまた、8月9日にニコニコ動画で生放送予定なので、楽しみに待っていてほしい。

“ジサトラ”メンバーが、「ビジネスに差がつく法人向け2in1はコレだ!! ジサトラ『ドヤ顔選手権』」と題して、Windows 10と第6世代 インテル Core プロセッサーを搭載する法人向け最新2in1のメリットを動画で解説するシリーズを開始

美人OLつばさが教える魅惑の5秒!!
最新プロジェクターとワイヤレス化で会議の“モタモタ”をなくす

 第5弾「ワイヤレス編」では、“ジサトラ”メンバーに加えて、なんと”つばさ”が美人OL役として登場し、カシオの最新プロジェクター「XJ-F210WN」、日本マイクロソフト「 Microsoft Wireless Display Adapter」と組み合わせを解説。会議開始前の”モタモタ”をなくして、スマートに会議を始められる秘けつを教えちゃうのだ。

なんと”つばさ”が美人OL役として登場し、カシオの最新プロジェクター「XJ-F210WN」、日本マイクロソフト「 Microsoft Wireless Display Adapter」と組み合わせを解説

会議開始前の”モタモタ”をなくして、スマートに会議を始められる秘けつを教えちゃうのだ

 また、最大4人のリアルタイム・コラボレーションを実現する、セキュアなオンライン会議システム「インテル Unite」も紹介。参加者の画面共有や複数画面の同時表示をはじめ、画面にメモを書き込んだり、注目点を目立たせたりも行なえるのだ。

最大4人のリアルタイム・コラボレーションを実現する、セキュアなオンライン会議システム「インテル Unite」も紹介

デスク作業もWiGigでワイヤレス化!! 高速7Gbps接続で超快適

 WiGigは、 60GHzの周波数帯を利用するワイヤレス通信技術で、10m程度の近距離なら最大通信速度7Gbpsでデータ転送を行なえる。WiGig対応デバイスは、WiGig対応ドッキングステーションと無線接続することで、ドッキングステーション側のUSB 2.0/3.0対応周辺機器、DisplayPort、HDMIやアナログRGB接続などのディスプレー、有線LANなどを利用できるようになるのだ。

WiGigは、 60GHzの周波数帯を利用するワイヤレス通信技術で、10m程度の近距離なら最大通信速度7Gbpsでデータ転送を行なえる。Wi-Fiとの干渉がないのもポイントだ

Windows 10と第6世代 インテル Core プロセッサー搭載の
法人向け最新2in1は高性能で使い勝手バツグン!

 第4弾「新しくできること編」では、“ジサトラ”メンバーが Windows 10と第6世代 インテル Core プロセッサー搭載の法人向け最新2in1の優れた機能を大紹介。これら法人向け最新2in1は、タブレットとノートPCの二役をこなせる点が特長で、紙のノートのように手書きの絵や文字を書き加えながらアイデアを手軽にまとめられる。しかも、最新ウェブブラウザー「Microsoft Edge」を利用すると、表示したウェブサイトの注目箇所をペンで囲む、メモを貼り付けるなど、わかりやすくなおかつ効率よく必要な情報を記録可能だ。

Windows 10と第6世代 インテル Core プロセッサーのタッグで
法人向け最新2in1はセキュリティーもバッチリ

 第3弾「セキュリティー編」では、“ジサトラ”メンバーが Windows 10と第6世代 インテル Core プロセッサーを組み合わせることで、法人向け最新2in1で実現されているセキュリティー機能を紹介。ソフトウェアとハードウェアの連携により、安全な環境が構築されていることがよく分かるはずだ。

最大2.5倍の高速化、駆動時間も最大3倍! Windows 10と
第6世代 インテル Core プロセッサーの高い実力に驚け!

 第2回「基礎実力編」では、“ジサトラ”メンバーが Windows 10と第6世代 インテル Core プロセッサーを搭載する法人向け最新2in1の性能についてピックアップ。 5年前のPCと比較した場合、パフォーマンスにおいて最大2.5倍※、グラフィックスでは最大30倍※性能が向上していることや、バッテリー駆動時間が3倍※に伸びている点を取りあげている。

Windows 10と第6世代 インテル Core プロセッサー搭載の
法人向け最新2in1が生み出す利便性と高い生産性

 第6世代 インテル Core プロセッサー搭載の法人向け最新2in1は、最新OSのWindows 10を搭載し、さらに薄・軽タイプの製品が揃っているため、注目している方は多いはず。ただ法人の場合、コストをはじめ、そもそも2in1とはどのようなPCか、業務にどう活用できるか、どのように生産性を高められるか、はたまた管理する側の負担など、ハードウェアスペックにとどまらない点も考慮する必要がある。そこで、“ジサトラ”ならではのスタイルでそのメリットをわかりやすくまとめた解説が、第1弾「使い勝手・運用管理編」だ。

セキュリティー重視なら、
予告編「生体認証でスタイリッシュログイン」に注目

 第6世代 インテル Core プロセッサー搭載の法人向け最新2in1のうち、Windows 10の「Windows Hello」に対応した指紋認証搭載デバイスなら、「指紋認証」でスムースにログインが可能。自分のデスクにパスワードを書いたメモを貼り付けるなど、非常に危険な状態を回避できる。人目を気にしてPINコードを打つ必要もなくなり、第三者に盗み見られるリスクがない。また、インテル Realsenseテクノロジー搭載デバイスなら、「顔認証」で瞬時にログインできるなど、安全性を高める最新のログイン方法を利用できる。

「ジサトラ『ドヤ顔選手権』全日本大会」(仮)を開催・放送!

 最後なってしまったが、ニコニコ動画において、「ジサトラ『ドヤ顔選手権』全日本大会」(仮)を8月9日に開催・放送予定だ。今回の「使い勝手・運用管理編」を皮切りにジサトラメンバーに自慢(?)の“ドヤ顔”を競ってもらい、インテル・ジャパンさん、日本マイクロソフトさんによる審査のもと、“ドヤ顔 オブ ザ イヤー賞(仮)”、“ドヤ顔 ベストドレッサー賞(仮)”、“ドヤ顔 スタートアップ賞(仮)”を決定させてもらうのだ。「ジサトラ『ドヤ顔選手権』全日本大会」の詳細については改めて開催告知を行なう予定だ。

出典:インテル コーポレーション。インテル® Core™ i5-6200U とインテル® Core™ i5-520UM を比較した SySmark 2014 スコアより。
  System configuration:
  Intel® Core™ i5-520UM processor (up to 1.86 GHz, 4T/2C, 3M cache) on Acer Aspire One* 1830T-3721:18W thermal design power. BIOS: Insyde v.1.11*, Graphics: Intel HD Graphics (driver v. 8.15.10.2104), Memory: 8 GB (2 x 4 GB) DDR3 1333 Mhz, HDD: Seagate* 500 GB, OS: Windows* 7, Battery size: 62 Wh.
  Intel CRB, Intel® Core™ i5-6200U, PL1=15W TDP, 2C4T, Turbo up to 3.4GHz/3.2GHz, Memory: 2x4GB DDR4-2133, Storage: Intel SSD, Display Resolution:1920x1080. Graphics driver: 15.40.4225

カテゴリートップへ

ピックアップ