このページの本文へ

4つの表示モードで効率的マネジメント

もう計画倒れしない! 進行管理ツール「マンモスプロジェクト」

2016年06月28日 14時31分更新

文● 鈴木誠史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「マンモスプロジェクト」

 パラダイスウェアは6月27日、プロジェクトの進行を管理するマネジメントツール「マンモスプロジェクト」を発表した。PCやスマートフォン、タブレットから利用できる。

 「リストビュー」「カンバンビュー」「プロジェクトマップビュー」「カレンダービュー」という4つのモードを搭載。プロジェクトを様々な視点で確認できるという。

「リストビュー」。プロジェクトのタスクを一覧表示する

「カンバンビュー」。誰がどのタスクをやっているのかなど、プロジェクトの進捗を表示する

「プロジェクトマップビュー」。ドラッグ&ドロップでタスク同士をつなげて、プロジェクトの前後関係を表示する

「カレンダービュー」。プロジェクトの締切を表示する

 また、情報共有とファイル共有が効率的に行なえるという掲示板を用意。メッセージの返信や既読管理も可能だ。

メンバー同士、掲示板スレッド方式で会話できる

 価格はメンバー1名ごとに月額500円(税別)。なお、1名のみのプロジェクトおよび閲覧権限のみのメンバーは課金対象に含まれない。NGO/NPO、創業3年以内のスタートアップ、プロボノプロジェクト(ボランティア)は無料で利用できる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ