このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

プリンストンのデジギア道 第49回

充電プラグとケーブルを持ち歩く必要なし

コンセント直結で充電! iPhone 6s用バッテリーケースを試す

2016年06月28日 11時00分更新

文● 花茂未来 編集●ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

充電具合をインジケーターでお知らせ

 バッテリー本体の充電具合は、LEDランプのインジケーターで把握できる。iPhone装着時は背面から、iPhoneを外している時は正面からでもLEDランプを確認可能。インジケーターを表示するにはバッテリー本体下部の、マイクロUSBケーブルとイヤフォンジャックの間にあるボタンを1回おせばいい。

iPhone装着時の背面(充電時)。

コンセントでの充電時にiPhoneを取り外したところ。

オールインワンなiPhone用モバイルバッテリーケース

 以上のように本製品は、コンセント直結でiPhoneもバッテリー本体も充電できるオールインワンなモバイルバッテリーケース。Lightningケーブルや、モバイルバッテリー用のケーブルを持ち歩かなくて済むため、鞄の中もスッキリ。忘れ物の心配も少なくなる。

 ケース本体の重量は約135gと軽量。本体サイズは幅75×奥行き20×高さ158mmで、幅と高さに関してはiPhone 6 Plusの幅77.9×高さ158.2とほぼ同程度と、ズボンのポケットにも入れられるサイズで持ち運びも問題なし。

 「Made for iPhone」取得済みで安心して利用できるのもポイント。iPhoneのヘビーユーザーはもちろん、仕事やプライベートで外出が多い人は、ぜひ検討したい製品だ。

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中