このページの本文へ

医療機関をターゲットに、デル製ハードウェアに実装済みで販売

デルとメディアマートが「IBM SPSS」パッケージ販売で協業

2016年03月17日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デルとメディアマートは3月15日、統計解析ソフトウェア「IBM SPSS Statistics」の販売において協業することを発表した。医療機関を中心に、デルのハードウェアで実装/動作確認を終えた状態のSPSS Statisticsを販売する。

統計解析ソフトウェア「IBM SPSS Statistics Base」の画面イメージ

 SIベンダーのメディアマートは、医療機関を中心としてSPSS Statisticsの高い販売実績を持つ。一方のデルでは、これまで直販モデルを中心としてきたが、現在はパートナー制度の再整備と、ソリューション販売に向けた協業の強化に取り組んでいる。

 両社では、デルのハードウェア製品に実装して動作確認を終えたSPSS Statisticsを、今年中に全国およそ150の医療機関に導入することを目標に掲げ、共同でのマーケティングと市場開拓を進める計画。

 なお、医療機関向けエントリーモデル(推奨構成:Dell Latitude 15 3000、SPSS Statistics Base、SPSS Regression、SPSS Advanced Statistics)の販売価格(税抜)は30万2480円から。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ