このページの本文へ

iPhone 6sを購入したらすぐに入れるべきアプリ30選 第1回

iPhone 6sユーザーになったらすぐ入れるべき定番アプリ10選

2015年11月10日 12時00分更新

文● 中山 智 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

動画視聴ならやはりコレ
YouTube

YouTube App
価格無料 作者Google, Inc.
バージョン10.42 ファイル容量35.9 MB
カテゴリー写真/ビデオ 評価(2)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 7.0以降

 huluやNetflixなど定額制の動画配信サービスが人気だが、やはり無料で手軽に動画が楽しめる定番サービスといえばコレ。特にミュージシャンが公式PVを積極的にアップロードしているので、音楽配信サービスとして使っても◎。以前は標準でインストールされていたYouTubeアプリだが、iOS 6から別途インストールが必要となっている。

 THETAの360°動画にも対応しているので、THETAユーザーはこちらにアップしたほうが、長時間のビデオが投稿できる。

ユーザーが投稿した動画が閲覧可能。YouTube専用の番組なども増えているので飽きない

お気に入りのユーザーや企業のチャンネルを登録しておけば、最新動画を見逃さずにチェックできる

アップロードする動画は簡単な編集ができ、必要な部分だけをカットして投稿できる

Chrome castにも対応しているので、大画面テレビなどに出力して視聴可能だ

最新ニュースをいち早くチェック
スマートニュース

スマートニュース / 圏外でもニュースがサクサク読める!(SmartNews) App
価格無料 作者SmartNews, Inc.
バージョン2.4.4 ファイル容量12.0 MB
カテゴリーニュース 評価(4.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 7.0以降

 大手新聞サイトからウェブ専門のニュースサイトまで、数多くのニュース記事を横断的に閲覧できるアプリ。1日3回ヘッドラインが更新され、最新ニュースを見逃さずにチェックできるほか、ジャンルごとにニュースがピックアップされているので、自分の興味のあるニュースが見つけやすい。

 通信環境があまり良くない場所では、文字や圧縮した写真を読み込んで素速く表示する「Smart」機能も搭載している。

最新のニュースがズラッと並ぶ。画面上部のタブでジャンルを切り替えられ、タブの並びも編集可能

基本的には各ニュースサイトのレイアウトでそのまま表示される。「Smart」をタップすると簡易表示に切り替わり、表示も速くなる

ジャンルではなく、ニュースサイトをタブとして追加できる。チェックする頻度の高いサイトを登録しておこう

気になったニュースは共有機能でSNSなどへ投稿できる

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン