このページの本文へ

フラッグシップAVプリアンプを2年ぶりに刷新! ヤマハ「CX-A5100」発表

2015年08月26日 13時00分更新

文● ハシモト/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
フラッグシップAVプリアンプ「CX-A5100」

フラッグシップAVプリアンプ「CX-A5100」

 ヤマハは8月26日、11.2ch対応のフラッグシップAVプリアンプ「CX-A5100」を発表した。10月上旬発売予定で、予想実売価格は30万円前後。

 CX-A5000の後継機種で、2年ぶりに刷新されたプリアンプ。パワーアンプと組み合わせて使用するセパレートタイプだ。DACには32bit対応のES9016を2つ採用し、なめらかさと高解像感を向上させている。

下方にESSのDACが2つ並んでいる。左側にはDSPチップがあるが、(写真では1枚しか見えないが)2枚から3枚に増えている

下方にESSのDACが2つ並んでいる。左側にはDSPチップがあるが、(写真では1枚しか見えないが)2枚から3枚に増えている

 新機種は最新の立体サラウンド音響技術「Dolby Atoms」に対応するほか、そのDTS版にあたる「DTS:X」についてもファームウェアアップデートで対応予定。

 Dolby Atomsはストレートデコードによる再生が可能なほか、ヤマハ独自の音響技術「シネマDSP HD3」のアルゴリズムを見直すことでDolby Atomsとの掛け合わせが可能となった。さらに立体音響のために、音場測定機能の「YPAO」も高さ方向に対応する。

 このほか「High Precision EQ(64it)」は演算処理を約2倍とすることで高精度なイコライザー処理を実現。ノイズの低減と音の明瞭さの改善などが行なわれる。

フロントパネルを開いたところ。各種操作ボタン以外にHDMIやUSBといった端子を装備する

 ネットワーク機能は、高性能な新型ネットワークモジュールを採用するほか、新たに無線LANを内蔵。DSDのダイレクト再生やAIFFの再生、ギャップレス再生が可能となっている。

 また、ヤマハ独自の家庭内音楽共有機能「MusicCAST」に対応。スマホアプリの「MusicCAST Controller」を使うことで、スマホからLAN内にある音楽ファイルの再生操作などが行なえる。

 このほかBluetoothにも対応しており、圧縮音源を拡張処理により高音質化する「ミュージックエンハンサー」も利用できる。

 HDMIは4K/60p(4:4:4)の入力に対応。HDCP 2.2に対応するほか、ファームウェアアップデートでHDR信号にも対応予定だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画