このページの本文へ

約5300万人のTSUTAYA会員に作品を届けるチャンス

TSUTAYA総力を上げた、映像クリエイター発掘プロジェクト

2015年06月16日 20時20分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブグループの2社、カルチュア・エンタテインメントとT-MEDIAホールディングスは、クリエイター発掘を目的としたコンテスト「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」の実施を6月16日に発表した。その第1弾企画として映像クリエイター発掘事業を開始する。

 カルチュア・エンタテインメント代表取締役社長 中西 一雄氏とT-MEDIAホールディングス取締役兼COO 根本 浩史氏が登壇した記者発表会は、まず映画「セッション」の紹介から始まった。

カルチュア・エンタテインメント代表取締役社長 中西 一雄氏T-MEDIAホールディングス取締役兼COO 根本 浩史氏
アカデミー賞3部門を受賞した映画「セッション」は、無名の監督によって作られた

 当時無名だったデミアン・チャゼル監督が、作成した18分の短編映画を映画祭に出品。そこで絶賛され、出資を受けて長編映画化された「セッション」。無名の監督はアカデミー賞3部門を受賞するに至ったのだという。

 このデミアン・チャゼル監督を例に、今回の「TSUTAYA CREATORS PROGRAM」では才能あるクリエイターによる企画を応援することで、TSUTAYAの利用者に新しい感動を届けたいという考えを明らかにした。

才能あるクリエイターの発掘と支援を目的としたプログラムであると説明した

 60分以上の映像作品の企画を、プロ・アマ問わず募集する。年齢や性別、国籍、学歴の制限はなく、また個人/団体どちらでも応募が可能だ。募集期間は6月16日から8月16日まで。

 TSUTAYAスタッフによる1次審査、本プログラム事務局による2次審査通過後、最終審査員による審査で3作品が選ばれる。受賞作品には最大5000万円までの制作費が与えられ、さらにクラウドファンディングサイトでの資金募集も行なうという。「50万Tポイント」と「TSUTAYA DISCAS利用1年間無料」も副賞として用意する。

作品企画はプロ・アマ問わず幅広く募集する受賞者はTSUTAYAから3つの支援を受けることができる
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」のプロデューサー 阿部 秀司氏など8名が最終審査員をつとめる

 完成した作品は、全国のTSUTAYA店舗および宅配サービスの「TSUTAYA DISCAS」、配信サービス「TSUTAYA TV」にてレンタル展開する。これについて根本 浩史氏は、「企画募集からお客さまに作品を届けるまで一貫して行なうプログラムは他にないのではないか」と特徴を紹介した。

約5300万人のTSUTAYA会員に作品を届けるチャンス。

TSUTAYA CREATORS' PROGRAM 概要

  • 募集対象:60分以上となる長編の実写映像の企画(プロ・アマ不問)
  • 募集期間:2015年6月16日~8月16日(当日消印有効)
  • 最終審査イベント:11月12日
  • エントリー料:1応募につき3000円

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ