このページの本文へ

驚異の2画面スマートウォッチ「Magic Vew」を写真で見る

2015年05月31日 09時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

セカンダリーディスプレーを搭載!
これがレノボ流のスマートウォッチ「Magic View」だ!

 中国・北京市内で行なわれたレノボのプライベートイベント「Lenovo Tech World」(関連記事)、そこで大々的に発表された新ガジェット「Magic View」(中国語で魔幻屏)の詳細をレポートする。

 Magic Viewは世界初の2画面表示に対応したスマートウォッチ。とはいっても、普通のディスプレーではなく、光の反射を利用して仮想的に2つ目のディスプレーに表示するもの。説明員によると解像度はなんと800×480ドット相当。スマートウォッチの中でも珍しい高解像度だ。今回は試作機のため、詳細なスペックはもう少し先になりそうだ。

 なお、セカンダリーディスプレーはメインディスプレイを下にスワイプ、もしくはサイドのハードキーや手の開閉といった動作で起動する。

コンセプトモデルとはいえ、2画面搭載スマートウォッチのインパクトは大きかった
メカニズム的には光の反射を利用したバーチャルディスプレーとのこと

 もっともユニークなのが、このMagic ViewのOSはAndroid Wareではなく、Android 5.0だということ。今回展示されていたのはプロトタイプだが、商品化された際にどれだけAndroid 5.0がアレンジされるのかが気になるところだ。

時計らしく、バンドは変更可能時計盤のディスプレーも美しく、これだけ見ていると普通のアナログ時計のようだ
これがバーチャルディスプレー。普段はなにも表示されず、使用するときは自分で焦点を合わせる必要があるため、他人から覗かれる心配はないという。セキュリティーにも役立ちそうだ。VR機能もあり、360度見回すこともできる時計盤が結構大きいので見やすい。腕に装着すると、結構自己主張が激しい
裏面には充電端子がある充電コネクターは磁石でカチっと装着する
左側にはスピーカーが搭載されている右側にはハードキー。これはスマホの電源キーのようにロック解除したり、セカンダリーディスプレーに切り替えたりできる

■関連サイト

カテゴリートップへ