このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 第193回

情強御用達! 知らなきゃ損するふるさと納税を活用する技

2015年05月21日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ミネラルウォーターから黒霧島1年分まで選べる

 ふるさと納税でもらえるお礼の品は多種多様だ。地元で獲れる果物や野菜、肉、魚介類などが多いが、調味料や麺類、海苔や漬物といった加工品、お菓子や飲料類まで選べる。日用品や化粧品、電化製品もある。地元のイベントや施設のチケットも人気だ。

 例えば、宮崎県都城市では、100万円以上を寄付すると黒霧島 1.8リットルを1年分365本送ってくれる。黒霧島の1.8リットルはアマゾンで1624円。送料を考えなくても60万円くらいする。繰り返すが、100万円を支払って60万円のものをもらうわけではない。元から払う予定だった税金を支払う場所を変更するだけで、これがもらえるのだ。自分が負担するのは2000円でいいと考えると、驚きだろう。まあ、100万円の減額を受けられるのは3000万円以上の給与収入がある人となるのだが。

 特定の自治体に寄付するのではなく、お礼の品目当てならポータルサイトで探すのが便利だ。2012年にオープンしたふるさと納税のポータルサイト「ふるさとチョイス」が使いやすくてお勧めだ。

 普段は、ウイスキーやビールを選んでいるのだが、今回は美味しそうなカレーを見つけたのでチャレンジ。まずは「ふるさとチョイス」の無料アカウントを作成し、申込ボタンをクリック。続けて、Yahoo公金支払いサービスでクレジットカード払いすればいいだけ。ネットショッピングとほとんど変わらない手順でいい。

 今回は、佐賀県多久市の「うわさのカリー」を申し込んだ。5000円の寄付で4パック送ってもらえるようだ。下世話な話になるが、通販サイトでは6パック3150円で購入できる。割高に感じるかもしれないが、建前は寄付金の代価ではなく単なるお礼ということを忘れずに。どちらにせよ、限度額以内なら2000円を超えた分は実質タダなのだから、気にする必要はなし。4月25日に申し込んで、届いたのは5月13日。「お届けまで約2~3週間」とあったので、ぴったりというところか。

「ふるさとチョイス」のサイトを開き、「無料会員登録」をクリックする

メールアドレスを登録する

届いたメールに書いてあるURLをクリックして認証する

住所などを登録する

左側のメニューで、予算や欲しい商品を絞り込んでいく

商品説明や容量などを確認。ネットショップほど詳細な情報がないことが多い

「うわさのカリー」が欲しくなったので、そのページの「この自治体に寄付を申し込む」をクリックする

登録した内容が表示され、問題なければ「送信する」をクリックする

「Yahoo!公金支払い」のページが開くので、クレジットカード情報などを入力し、手続きを進める

Yahoo! JAPAN IDがあるならログインしておくといい

支払い完了。商品と確定申告用の領収証書が届くまで、この画面はキャプチャーしたり印刷したりして取っておいた方がいい

商品が届いた! 早速いただいたところ、レトルトとは思えないほど超美味しい。大満足

 税の軽減を最大化して受けられる金額が年収によって決まっているので、いくらでも得するわけではない。しかし、独身で年収400万円の人でも、4万3000円を寄付して、税金を4万1000円減らしてもらうことができる。1年に1回、2000円で4万円の買い物ができると考えれば、ずいぶんお得なのではないだろうか。きちんと税金を払っている人なら、ぜひ活用することをお勧めする。


筆者紹介─柳谷智宣

著者近影 柳谷智宣

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。日経パソコンオンラインで「ビジネスPCテストルーム」、週刊SPA!で「デジペディア」を連載するほか、パソコンやIT関連の特集や連載、単行本を多数手がける。近著に「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)。


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン