このページの本文へ

編集部員がはじめての自作PCにチャレンジ

これであなたもPCが組める! 初めての自作PC入門

2015年04月25日 15時00分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 いよいよ実際に組み立ての手順を紹介するが、事前に自作経験者である編集部員に訊ねてみたところ、手順は人によってバラバラで、「絶対にこうでなきゃ駄目!」という手順は存在しないとのこと。ただ、ケースのデザインやCPUクーラーの取り付け方式によっては、部分的に特定の手順を踏む必要があるため、初心者の方は筆者の場合を参考にしていただきたい。

(1)ケースにマザーボードを取り付ける

サイドパネルは背面にネジ止めされている。外したら、横に寝かせて作業の準備をしよう

 まずはPCケースのサイドパネルを外し、作業しやすいように横に寝かせよう。その後、マザーボードに付属するバックパネルをPCケースの背面にしっかりとはめ、マザーボードをネジ穴に沿って配置する。ネジはまずゆるめに仮止めをし、対角線上に少しずつ締めていくといい。最初に一ヵ所だけを締め過ぎると、他のネジ穴とボードの穴が合わなくなったりもするので気を付けよう。

マザーをネジ留め。マザーを触る前には、静電気取取りも忘れずに

 ポイントとして、マザーボードを触る前は必ず身近な金属に触れ、電気を逃がしておくこと。マザーが静電気に弱いと散々聞かされていた筆者は超ビビりながらボードの端っこをつまんで扱っていたが、先輩編集者たちは割とベタベタ触っていたので、一度静電気を逃がした後はあまり気にする必要はないかもしれない。

 ただ、ファンなどを接続するためのピンは雑に扱うと曲がったり折れたりしやすいので、そこだけは注意。購入した店舗によってはマザーのピン折れ保証を有償で付けてくれるところもあるので、活用しよう。

(2)マザーボードにCPUを取り付ける

 CPUの取り付けは、自作PCを組み上げる際にかなりの慎重さが求められる部分だ。誤ってCPUやマザーボードを駄目にしてしまわないためにも、順を追って解説する。

CPUソケット横のフックを上げ、黒い保護カバーを外そう

 まずはCPU固定フックを上げ、CPUソケットの保護カバーを外す。保護カバーの外し方はマザーボードによって微妙に異なるようなので、このあたりはマニュアルを参照ながら行なうといい。保護カバーを外すと、金色のソケットピンが並んでいるはず。ソケットピンを曲げてしまうとマザーそのものが使えなくなるので、触れたり、物を落としたりしないよう注意しよう。

ソケット部にCPUを乗せ、フックを元の位置に戻せば取り付け完了。CPUの向きは決まっており、間違えた向きに乗せるとうまくはまらない

 保護カバーを外したら、CPUをソケットピン上に乗せる。CPUには向きがあるので、切り欠きなどを確認してから設置しよう。押し付ける必要はないので、力を入れてピンを曲げたりしないように。

 CPUを配置できたら、固定フックを元の位置にひっかける。これでCPUの取り付けは完了だ。マニュアルを参照しつつ、重ね重ね慎重に作業を進めてほしい。

(3)メモリーの取り付け

2枚1組で運用する場合、スロット位置は決まっている。気を付けてメモリーを差し込もう

 次はメモリーを取り付ける。スロットに差し込むだけの簡単な作業かと思いきや、実際は差し込む位置はマザーボードによりあらかじめ決められている。今回のようにメモリーを2枚1組で運用する場合、スロットA1(DIMM_A1)とスロットB1(DIMM_B1)に差し込む必要があるので、適当に差してしまわないよう気をつけよう。

 取り付けは、メモリースロット横のロックを外し、メモリーの方向がスロット端子部分の切り欠きに合うよう差し込む。方向を間違っているとそもそも差し込めないので、このあたりはあまり考えすぎる必要はない。しっかりと奥まで差し込めばスロット横のロックが自動で元に戻り、差し込み完了。メモリー半差しでPCを起動すると煙が出る、なんてこともあるようなので、くれぐれもしっかり差し込んでおきたい。

(4)電源ユニットの取り付け

電源は底面にネジ止め。これは簡単

 電源ユニットはあまり難しく考える必要はなく、ケースの底面(違う場合もある)の該当部分にネジ留めを行なうだけだ。あとあとの配線のほうが面倒なので、ここはささっと取り付けてしまおう。

(5)ビデオカードの取り付け

ビデオカードまで取り付けた状態。なかなかサマになってきた

 ビデオカードの取り付けもそれほど難しくない。マザーボードのPCI Expressスロットに向きを合わせて差し込み、ネジで固定するだけ。PCケース背面のスロットカバーのネジを外す必要があるが、単純に上から外すとマザーの取り付け位置と合わなかったりするので、確認してから取り外そう。

(次ページでは、CPUクーラーの取り付けや配線を解説!)

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中