このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第329回

スマホ充電のついでに充電できるモバイルバッテリー「NomadPlus」を衝動買い!

2015年04月22日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
もはや10種類を超えるバリエーションで賑やかなUSBモバイルバッテリー
もはや10種類を超えるバリエーションで賑やかなUSBモバイルバッテリー

 バッテリーを大量消費するハイパワーCPUと大スクリーンを使うスマホが一般的になってから、アウトドアで給電するためのUSBモバイルバッテリーと専用USBケーブルはモバイラーの必携アイテムとなった。

 スマホ市場の急激な拡大に比例して、USBモバイルバッテリーの需要は大きく増え、競争に勝ち抜くためのさまざまな戦略的商品が市場にはあふれている。

 今までも、巨大なバッテリー容量を誇るものや、9V角電池を使いコンパクトさを強調した製品、必須のmicroUSBケーブルをエンベッドしたケーブルマネジメントに優れた商品、「マイティ・ソー」の愛用するハンマー型“ムジョルニア”のようなキャラクター商品など、さまざまなものが登場した。

NOMADはスマホ・タブレット関連のユニークな周辺機器の会社だ NOMADはスマホ・タブレット関連のユニークな周辺機器の会社だ
アップルの壁面用ACアダプターが必須ということでiPhone用になっている
アップルの壁面用ACアダプターが必須ということでiPhone用になっている

 そんな超個性的なUSBモバイルバッテリーをすでにいくつも持っているのに、またしても新しい商品を衝動買いしてしまった。今回紹介する商品は、キーサイズの超コンパクトな給電用ケーブルを発売しているNOMADが作ったUSBモバイルバッテリー「NomadPlus」だ。

iPhone用電源アダプターを内包できる「NomadPlus」

サイズは幅32×奥行54×高さ54mmくらいで、単体の重さは約80gの真っ黒いボックスだ 内部に「アップル純正のApple 5W USB電源アダプター」を内蔵することで壁面プラグ付きのコンパクトなUSBモバイルバッテリーになる
サイズは幅32×奥行54×高さ54mmくらいで、単体の重さは約80gの真っ黒いボックスだ内部に「アップル純正のApple 5W USB電源アダプター」を内蔵することで壁面プラグ付きのコンパクトなUSBモバイルバッテリーになる

 NomadPlusは従来のUSBモバイルバッテリーにはない、極めてユニークな特徴を持っている。一般的なUSBモバイルバッテリーは、既存のUSB/ACアダプターからケーブル経由で給電される。

純正のApple 5W USB電源アダプター(右)とNomadPlus(左) そこそこタイトだが、押し込むと内部でUSBプラグがドッキングする
純正のApple 5W USB電源アダプター(右)とNomadPlus(左)そこそこタイトだが、押し込むと内部でUSBプラグがドッキングする

 しかしNomadPlusは、充電池内蔵のドッキングステーション型の凹型筐体の中にアップル純正のiPhone用「Apple 5W USB電源アダプタ」を合体して使用する仕組みになっている。

黒と白の色の違いをミスマッチと見るかコントラストが効いてグッドと感じるかは人それぞれだ ごく普通に壁面ACアウトレットに挿入するだけで充電開始となる
黒と白の色の違いをミスマッチと見るかコントラストが効いてグッドと感じるかは人それぞれだごく普通に壁面ACアウトレットに挿入するだけで充電開始となる

 合体後のNomadPlusを壁面ACコンセントに差すことで、少し大きめのUSB/ACアダプターとして使用しながら、同時にNomadPlus内の充電池に充電も可能な便利な仕様になっている。

 純正のUSB/ACアダプターは実測値でたったの25gだが、合体後は同じく約104gとなる。充電容量は1800mAhと、昨今のUSBモバイルバッテリーとしては少なめだが、急場をしのぐには十分な容量だ。

次ページへ続く、「純正ではなく互換のUSB/ACアダプターを試してみる

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン