このページの本文へ

Xperiaシリーズ“4世代”で一番乗り!エントリー向け「Xperia E4 Dual」

2015年03月26日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーモバイルの新世代Xperiaシリーズのエントリーモデル「Xperia E4 Dual」(型番:E2115)がアキバ店頭に登場。イオシス アキバ中央通店やビートオン 秋葉原店などのイオシス各店で販売が始まっている。

Xperiaの“4世代”はどんなデザインになる?第一弾モデルとなるエントリー向け「Xperia E4 Dual」が店頭にやってきた

 昨年9月にリリースされた「Xperia E3」の後継にあたるエントリー向けモデルで、いわゆる“4世代”のXperiaシリーズとしては初登場となる端末。従来から丸みを帯びた“Curved OmniBalance design”のボディが特徴だ。

 ディスプレーは解像度540×960ドットの5型IPS液晶で、プロセッサーはクアッドコアのMediatek MT6582 1.3GHz、メモリー1GB、ストレージ8GBを実装する。カメラは背面のメイン500万画素のほか、自分撮りを意識した200万画素のインカメラを装備。OSはAndroid 4.4.4を搭載する。

 なおバッテリー容量は2,300Ahながら、省電力機能の「Ultra STAMINA Mode」を利用することで丸2日間バッテリーが持続するという。

より丸みを帯びたデザインが特徴。カラーはブラックとホワイトの2色が入荷した
丸型の電源ボタンなど、基本デザインは踏襲。反対側にはmicroUSB、カバー内部にデュアルSIMスロットとmicroSDスロットを備えている

 “Dual”の製品名通り3G/2Gに対応する2基のmicroSIMスロットを内蔵、デュアルスタンバイもサポートする。

 イオシス各店における店頭価格は2万9800円だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン