このページの本文へ

ミドルレンジ端末「Xperia E3」の後継

ソニー、「Xperia E4」発表 省電力でバッテリーが2日持続

2015年02月13日 12時42分更新

文● コジマ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーモバイルコミュニケーションズは2月10日(英国時間)、「Xperia E4」を発表した。2月中旬に発売される見込み。

 Xperiaシリーズのミドルレンジ端末で、昨年9月に発表された「Xperia E3」の後継にあたる。バッテリー容量は2300mAhだが、省電力機能の「Ultra STAMINA Mode」を利用することで、約2日間バッテリーが持続するという。

 5型のIPS液晶ディスプレー(960×540ドット)を搭載し、メインカメラは500万画素だが、セルフィー(自撮り)を意識してか、インカメラは200万画素となっている。OSはAndroid 4.4.4、CPUはクアッドコアの1.3GHz。メモリーは1GBで、内蔵ストレージは8GB。通信方式はGSM GPRS/EDGE、UMTS HSPA。

 サイズは幅74.6×高さ137×厚さ10.5mm。重量は144g。カラバリはホワイトとブラックの2色。デュアルSIMモデルも用意される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン