このページの本文へ

ENERMAX「UCCLA14P」

最小ノイズ9dBAの140mmファン「CLUSTER ADVANCE」シリーズ

2014年07月29日 22時28分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ENERMAXから、140mmファンの新モデル「UCCLA14P」が発売された。静音ファン「CLUSTER ADVANCE」シリーズの製品だ。

ENERMAXから140mmファンの新モデル「UCCLA14P」が発売。コウモリの羽をイメージさせる「バットウィングブレイド」を採用する

 「CLUSTER ADVANCE」シリーズは、コウモリの羽をイメージさせる「バットウィングブレイド」と外周から外気を取り込む「ハロフレーム」構造により、標準的なファンに比べ風量を20~30%向上させたのが特徴。ファンは取り外し可能で、ホコリや汚れを清掃することができる。

 主なスペックは、PWM制御に対応した4ピンコネクタータイプで、ファン回転数をドラム部のスイッチで600~900rpmの「ウルトラサイレントモード」、600~1200rpmの「サイレントモード」、600~1500rpmの「パフォーマンスモード」の3パターンに切り替え可能だ。

ファンは取り外し可能。ファン回転数をドラム部のスイッチで3パターンに切り替えることもできる

 風量は39.48~92.21CFM、最小ノイズは9dBA。摩擦を最小限に抑えた高耐久の「ツイスターベアリング」を採用している。なおフレームには、ON/OFF可能なホワイトLEDを備える。
 価格はツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で2479円、パソコンショップアークとドスパラ パーツ館で2480円だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中