このページの本文へ

法人利用に特化した「ビザスク・フォー・ビジネス」も

FBと連携する文系向けクラウドソーシング「ビザスク」正式版

2013年10月31日 07時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月31日、walkntalk(ウォークントーク)はFacebookと連携するスポットコンサルティング「ビザスク」の正式版サービスを開始した。2012年12月末にβ版を開始していたが、このほど利用者の意見を取り入れ、正式版としてリリースした。

 ビザスクは個人の持つ業務経験や職務経験をデータベース化し、これを元に企業や個人が対話形式で相談できるというサービス。新規事業やマーケティング、海外進出、人材育成などビジネス経験が豊富な個人の知識を、高額なコンサルタントや顧問の代わりに利用できる。エンジニア業界では一般的なスキルのタグ付けを「文系のスキルでも可能にする」クラウドソーシングサービスを目指しているという。

ビザスクのサービス体系

 アドバイスを受ける場合は、その内容、求める経験、所有時間、面談方法(対面/ビデオ会議/電話会議)、アドバイス料(3000円/1万円)を案件として登録。案件に対し、「相談に乗ります」というメッセージを受け取ると、アドバイザーと非公開チャットで実績や詳細な相談内容、スケジュールなどが確認され、マッチングするとサイト上で事前決済が行なわれ、実際のコンサルティングを受けることが可能になるという。

ユーザー画面案件登録画面

 Facebookと連携しており、友人からの経験タグ付け、相談者とアドバイザー候補間のメッセージなど、ビザスク上のやりとりはFacebookの機能を使って、通知される。

 また、あわせて法人向けの「ビザスク・フォー・ビジネス」も開始される。ビザスク・フォー・ビジネスは技術転用の可能性を検討する研究所やマーケティング、資金調達などのアドバイスを求めるベンチャー企業など、秘匿性や緊急性の高い相談に対応するもの。案件を公募することなく、業界経験や業務経験、自己紹介などからアドバイザーを検索し、コンタクトが可能になる。こちらはFecebookではなく、企業のドメインで認証を行ない、ドメインごとに管理画面が設けられる。さらにアドバイザーの募集や案件設計の支援までを行なうコンシェルジュサービスも10万円で提供される。

ビザスク・フォー・ビジネスのダッシュボード

 ビザスク・フォー・ビジネスは年間基本利用料が12万円(初年度無料)で、インタビューがマッチした場合の手数料が1万5000円/回となっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ