このページの本文へ

ソニーが台座型やプレステ最適型シアターシステムを発表!

2014年04月14日 13時10分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「HT-CT370」の設置イメージ

「HT-CT370」の設置イメージ

 ソニーから、ホームシアターシステム3製品が発表された。すべて5月31日発売となる。

 全機種共通の特徴としてはBluetoothとNFCに対応し、スマートフォンアプリ「SongPal」での操作が可能。また、ソニー推奨の音質に自動で設定する「ClearAudio+」モードが搭載されている。

バータイプのフロントサラウンド「HT-CT370」

バータイプのスピーカー本体。ブラックとシルバーの2色展開だ

バータイプのスピーカー本体。ブラックとシルバーの2色展開だ

サブウーファーは縦置き/横置きが可能

サブウーファーは縦置き/横置きが可能

 2.1chバータイプの「HT-CT370」(予想実売価格4万円前後)は、スピーカーユニット前面に「ディフューザー」と呼ばれる音場拡散用パーツを搭載。広がりのあるサラウンド感や、広いスイートスポットを実現する。

「ディフューザー」により音を拡散し、広がりのあるサウンドを提供する

「ディフューザー」により音を拡散し、広がりのあるサウンドを提供する

スピーカー中央部にはNFC受信部と操作ボタンを配置する

スピーカー中央部にはNFC受信部と操作ボタンを配置する

スピーカー背面には、HDMI入力が3系統にアナログ、光デジタル入力を搭載する

スピーカー背面には、HDMI入力が3系統にアナログ、光デジタル入力を搭載する

 スピーカー部は平べったい形状で、本体を寝かせての配置やスタンドで25度傾けての配置が可能。寝かせた場合の高さは50mmほどで、下方のスペースが狭いテレビの前にも置けるように配慮されている。

 サブウーファーは別筐体だがワイヤレスでの接続となっており、縦置き/横置きが可能。設置の自由度が高い。総合出力は270W。

テレビの下に置く台座タイプシアター「HT-XT1」

「HT-XT1」の設置イメージ

「HT-XT1」の設置イメージ

 「HT-XT1」(予想実売価格3万5000円前後)はテレビの下に置く台座タイプの2.1chサラウンドシステム。天面が強化ガラスになっており、50V型以下のテレビ(30kgまで)を設置できる。

天面は強化ガラスになっている

天面は強化ガラスになっている

底面にサブウーファーを2つ内蔵

底面にサブウーファーを2つ内蔵

内部のシャーシに木材を使用する

内部のシャーシに木材を使用する

本体背面の端子。HT-CT370とほぼ同じ構成だ

本体背面の端子。入出力端子はHT-CT370とほぼ同じ構成だ

 底面には100mmのサブウーファーユニットを2つ内蔵するが、テレビにその振動を伝えないようにガラス天面の下にクッションとなるダンパーを搭載。また、本体内部のシャーシは木製で、素直で自然な音の再生が可能だ。

PlayStationとの相性バッチリな「HT-IV300」

「HT-IV300」

「HT-IV300」

 リアル5.1chスピーカーシステムの「HT-IV300」(予想実売価格3万5000円前後)は、ゲーム機などとの組み合わせを意識したエントリーユーザー向けの製品。ソニー・コンピューターエンターテインメントのサウンドデザイナーの意見を反映したGAMEモードを搭載しており、特にPlayStationとの相性がいい。

アンプ部の背面端子。HDMI入力は2系統で、それ以外にアナログとデジタル(光、同軸)の入力を備える

アンプ部の背面端子。HDMI入力は2系統で、それ以外にアナログとデジタル(光、同軸)の入力を備える

設置イメージ

すべてのスピーカーをフロントに置く設置スタイルも可能

 センタースピーカーを除いた4.1chや、すべてのスピーカーを前方に集めるフロント再生スタイルなど、自由度の高いスピーカー配置ができるのが特徴。

 スピーカーは横から見ると六角形になっており、スピーカーを水平または斜め上方向に向けるように設置できる。

 サウンドモードは、ロンドンの「O2アリーナ」での演奏をシミュレートする「デジタルミュージックアリーナモード」や、サッカーの試合でナレーションの声を消す「サッカーモード/ナレーションOFF」などを搭載。このほかMiracastに対応しており、スマートフォンの画面を本機経由でテレビに出力できる。

AV機器らしいブラックモデルが登場!「BDV-N1B」

「BDV-N1B」

「BDV-N1B」

 このほか、BDドライブ内蔵のリアル5.1chシアターシステム「BDV-N1WL」のブラックカラーモデル「BDV-N1B」(予想実売価格6万2000円前後)も発売される。カラー以外の仕様はBDV-N1WLと同じだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画