このページの本文へ

「N-CLOUDバーチャルDC」と「N-CLOUDバーチャルホスティング」を提供

クレオネットワークス、「SmartStage N-CLOUD」に新サービス

2011年10月28日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月27日、クレオネットワークスは、モバイル・スマートフォン対応システムから基幹系システムまで、高度で柔軟なシステム構成と高信頼性を両立させたIaaS型基盤サービス「SmartStage N-CLOUD」シリーズの一環として、「N-CLOUDバーチャルDC」と「N-CLOUDバーチャルホスティング」の提供開始を発表した。

N-CLOUDバーチャルDCのサービス概要

 N-CLOUDバーチャルDCは、企業のシステム部門やシステムインテグレータ、サービス提供事業者向けのIaaSサービス、N-CLOUDバーチャルホスティングはWebサービス企業や企業の事業部門向けのIaaSサービス。

 N-CLOUDバーチャルDCは、企業内情報システムや基幹系情報システム、自社SaaSサービスへの活用に適したサービスで、仮想サーバーを追加しても各リソースの上限まで料金固定という特徴を持つ。価格は初期費用が9万8000円、月額費用が16万円から。

 一方のN-CLOUDバーチャルホスティングは、ECサイトやモバイルなど不特定多数の顧客向けサービス向けで、仮想サーバー数に応じた従量課金となる。価格は初期費用5万2000円、月額費用は7000円から。

■関連サイト

カテゴリートップへ