このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

クッキングトイが熱い! 年末年始は子どもと料理! 第3回

クリスマスケーキ代わりにマカロンを作っちゃえ!

2010年12月21日 20時18分更新

文● 丸子かおり 撮影●神田喜和 モデル●浅野優菜

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マカロンで過ごす
おしゃれ(笑)クリスマス

 たい焼き(関連記事)、パン(関連記事)と続いてきたクッキングトイ特集。3回目はクリスマスも近いのでケーキ……ではなく、女の子たちから絶大な支持を得ている「マカロン」だ。

 実際に作るとなると、かなり難易度の高いスイーツではあるが、今回紹介するクッキングトイなら子どもでも作れるのだ! クリスマスツリーに負けないくらいカラフルなマカロンを作って、パーティーに華を添えよう! ただし、虫歯に注意!

優菜ちゃん「お母さん、今日は何を作るの?」
お母さん「クリスマスが近いから何かお菓子がいいわね」
優菜ちゃん「じゃ、やっぱりクリスマスケーキを作ろうよー」
お母さん「うーん、大きなケーキを作れるクッキングトイがないのよね。そうだ! 『ハッピーキッチンカフェ はじめてマカロン』でマカロンを作ろう!」
優菜ちゃん「マカロンって、あのマカロン!?」
お母さん「そう! ちなみにマカロンっていうのは、卵白を泡立てたメレンゲとアーモンド粉などで作ったサクサクな生地にクリームなんかを挟んだお菓子よ」

これがスイーツの決定版、マカロンだ!

優菜ちゃん「お母さん、今、誰に説明したの?」
お母さん「画面の向こうの読者さんよ。マカロンはデパ地下やちょっとシャレたお菓子屋さんで売っているわね」
優菜ちゃん「マカロンもクッキングトイで作れるの?」
お母さん「そうなの。本来は熟練した職人の腕が必要なんだけど、この『はじめてマカロン』を使えば、私たちでもマカロンが作れちゃうわけ」

メガハウスの「ハッピーキッチンカフェ はじめてマカロン」。価格は2310円、対象年齢は8歳以上

優菜ちゃん「きゃあ! 容器や道具がかわいい!」
お母さん「ボウル自体がマカロンの形しているわね」
優菜ちゃん「何か、マカロン作るのがワクワクしてきちゃう。さっそく作ってみようよ~」
お母さん「はいはい」

お母さん「まずは、卵を黄身と白身に分けて、白身だけ使います」
優菜ちゃん「何か手伝うことある~?」
お母さん「じゃあ、計量スプーンで粉砂糖をすりきり2杯、ボウルに入れておいて」
優菜ちゃん「はーい」

ボウルに粉砂糖を入れたところに卵の白身を投入。卵の黄身や水は少しでも入らないようにしよう

優菜ちゃん「次はどうすればいいの、お母さん?」
お母さん「今、ボウルのフタを締めるから、ハンドルを回して“メレンゲ”を作って」
優菜ちゃん「メレンゲってあの白くフワフワしたものだよね。これだけでメレンゲができるの?」
お母さん「できるのよ~」

いよいよ、優菜ちゃんがメレンゲを作り始める。はたしてうまくいくかな?

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ