このページの本文へ

小山町のチャリティーも行なわれた

F1 イタリアGPのパブリックビューイングで「F1 2010」をプレイ!

2010年09月16日 20時35分更新

文● 末岡大祐/電アスレース部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今回のF1はフェラーリの地元、イタリア
その前にF1 2010の最新版をプレイ!

 9月12日の日中、「F1 PIT STOP CAFETM六本木」にてSUPER GTドライバーによる、小山町復興チャリティーイベントが開催され、ASCII.jpも参加したということはお知らせした(関連記事)。このイベントの後は、F1 イタリアGPのパブリックビューイングが開催されるとのことだったので、われわれ電アスレース部はそのまま部室に残ったのだった。

相変わらず盛況のパブリックビューイング。今回もテーブルは満席! ちなみにこの日のゲストは中野信治選手

 ここでも実況はピエール北川氏。実は元々パブリックビューイングでのレース実況に呼ばれていたらしい。イベントの冒頭で片岡選手の挨拶があり、ここでも募金を受け付けていた。

夜はタペストリーが飾られるなど、F1一色になった。これは盛り上がる!
以前、F1を開催したこともある富士スピードウェイ(小山町)が早く復興しますように! 片岡選手やピエール北川氏が来場者に訴えかけた

 今回のパブリックビューイングの目玉はなんといっても「F1 2010」をプレイできることだ。前回のようにゲストではなく、来場したファンの中から選ばれたのだ。ただ、時間の問題で2名のみ。誰にでも公平な「じゃんけん」で勝ち抜いた2名が「F1 2010」をプレイした。そのうちのひとりは、偶然にもグッスマの安藝社長だった(プライベートで来ていたらしい)。

 プレイ中のゲーム画面は店内のモニターに映され、あまりのリアルさに本物を見ているかのような感覚に陥ってしまうほど。オーバーテイクしたり、スピンしたりしたときには、店内が騒然となるなど、ゲームでパブリックビューイングをしているかのようだった。発売まで1ヵ月を切っているので、プレイしたい人はもうちょっとだけ待とう。

子供も大人も男も女も関係ない。ハンデもなし。それがじゃんけん。プレイするチャンスは平等にある。それをモノにできるかどうかは、参加者の運次第!
電アスレース部マネージャーこと、コードマスターズの広報・増田さんが登場してゲームの説明をした。今週末18~19日に開催される東京ゲームショウのセガブースでもプレイできるので、今回じゃんけんに勝てなかった人はゲームショウへ!
狭き門を勝ち抜き、いざプレイ! アルコールも入っていたとのことで、何度かスピンしてしまった参加者。飲酒運転はゲームでも判断力を鈍らせるようだ

 その後、ゲストにレーサーの中野信治選手が招かれて、お約束の「Ultra Soul」でテンションを上げたあとモンツァサーキットで開催のイタリアGPに突入。フェラーリの地元ということもあって、チームもファンもかなり力が入っていたようだ。

 前回のベルギーGPでは8位と健闘した小林可夢偉選手は、ギアボックストラブルのため、なんとピットロードから出ることなくリタイアしてしまう。同じ日本人ドライバーの山本左近選手は19位で完走した。優勝争いは地元の意地を見せたフェラーリのF・アロンソがポールトゥウィンを成し遂げた。2位はメルセデスのJ・バトン、3位はフェラーリのF・マッサと、2頭の跳ね馬とシルバーアローが表彰台を飾った。

 今シーズンも残すところ、あと5戦。できるだけパブリックビューイングに足を運んで、モータースポーツファンと喜びを分かち合いたいところだ。なお、電アスレース部では鈴鹿戦を現地で観戦する予定なので、あの盛り上がりをレポートするぞ!

厳正なじゃんけんを勝ち抜いてグッスマ安藝社長がコクピットに! ヤラセも大人の事情もなく、ガチで勝ち抜いてました。パーソナルスポンサーになった小林可夢偉選手は残念でしたが、安藝社長は見事4位でフィニッシュ!
これはブリヂストンタイヤをモチーフにしたスコーン、その名も「ブリヂスコーン(プレーン)」。他に、チョコがけのブリヂスコーンもありますこんな立派なステーキも食べられます。肉をパクつきながらF1観戦なんて贅沢の極みだ
イベントの最後に再びじゃんけん大会があり、勝者には増田さんから東京ゲームショウの10組20名様に招待券がプレゼントされた。
レース終了後はフェラーリの勝利を祝して(?)、みんなでカンパーイ!
■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

東京ゲームショウ2019大特集!

  • 週アス TGS2019 特別版を公開中!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ