このページの本文へ

Linux対応を向上させ、一気にバージョンアップ

ノベル、PlateSpin製品群を一斉に強化

2010年07月28日 11時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ノベルは同社の仮想化への移行や運用管理を支援する「PlateSpin」の製品群を一斉にバージョンアップした。

 PlateSpin Workload Managementはノベルが買収した米プレートスピンの製品で、仮想と物理環境の移行エンジンを活用し、OSのポータビリティを高めることができる。具体的には、移行ツールの「PlateSpin Migrate」、ディザスタリカバリツールの「PlateSpin Protect」、Protectをアプライアンス化した「PlateSpin Forge」などが用意されている。

 今回のバージョンアップでは、「Protect」がバージョン10へ、そして「Forge」がバージョン3になっている。共通のエンジンを採用しているため、新機能の多くは共通しており、SUSE Linux EnterpriseをはじめとするLinux対応の強化が最大の目玉となっている。これまでPlateSpinでは、Linux環境が移行元だった場合、いったんオフラインにして、移行を行わなければならなかったが、新バージョンでは稼働中の移行やバックアップが可能になった。また、Windows Cluster Serverでクラスタ化をされたサーバーにも対応した。

 管理ツールも改良され、ProtectとForgeで異なっているGUIがForgeのGUIに統一された。

PlateSpin Forge3.0のダッシュボード

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ