このページの本文へ

読み取り専用モードでウイルス感染を防ぐ

イーディーコントライブ、企業向けセキュリティUSBメモリ

2010年05月11日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5月10日、イーディーコントライブは、企業向けセキュリティUSBフラッシュメモリ「TRAVENTY」「TRAVENTY Light」シリーズを発表。「TRAVENTY」シリーズを7月1日、「TRAVENTY Light」シリーズを5月20日より販売開始する。

企業向けセキュリティUSBフラッシュメモリ「TRAVENTY」「TRAVENTY Light」シリーズ

 「TRAVENTY」「TRAVENTY Light」シリーズは、2006年に販売開始された「Sdcontainer」シリーズの後継となるUSBフラッシュメモリ。パスワード認証、ハードウェア強制暗号化に対応する前モデルに、新たに読み取り専用モードを搭載。読み取り専用モードで起動すると、本体のメモリにはデータを書き込むことができないので、ウイルスに感染する心配がなく安全にUSBメモリが使用できるとのこと。

 「TRAVENTY」シリーズは、導入後のポリシー変更、バージョンアップをネットワーク経由で簡単配信できる管理者ツールに対応する。「TRAVENTY Light」シリーズは管理者ツールに対応していないものの、アップグレードにより「TRAVENTY」シリーズと同等になるエントリーモデル。価格は「TRAVENTY」シリーズがオープンプライス。「TRAVENTY Light」シリーズが6615円から。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ