このページの本文へ

安心してデータを持ち運びできる

バッファロー、自動で暗号化するUSBメモリ

2011年01月20日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月19日、バッファローは、ハードウェア暗号化機能を搭載したセキュリティーUSBメモリーを発表。1月下旬より販売開始する。

RUF2-HSCLTV3シリーズ

 発表したのは、以下の3シリーズ

  • ウイルスチェック機能(3年ライセンス)+ハードウェア暗号化モデル
    「RUF2-HSCLTV3シリーズ」
  • ウイルスチェック機能(1年ライセンス)+ハードウェア暗号化モデル
    「RUF2-HSCLTVシリーズ」
  • ハードウェア暗号化モデル「RUF2-HSCLTシリーズ」

 データを守るパスワード認証による情報の秘匿(ハードウェアによる AES256ビット方式暗号化により保護)や「ウイルス感染による情報流出」を防ぐウイルスチェック機能(Trend Micro USB Security for Biz)を搭載する。

 ウイルスチェックパターンファイル更新のライセンスは、RUF2-HSCLTV3シリーズは3年、RUF2-HSCLTVシリーズが1年となる。なお、RUF2-HSCLTシリーズはウイルスチェック機能非搭載。

 価格はRUF2-HSCLTV3シリーズが容量2GBモデルで9500円から、RUF2-HSCLTVシリーズが容量2GBモデルで7400円から、RUF2-HSCLTシリーズが容量2GBモデルで6300円から。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ