このページの本文へ

4カ月で月商100倍!カリスマ主婦のスイーツ店の秘策

2009年09月25日 10時00分更新

三浦たまみ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

※この記事は、「徹底解剖! 成功ネットショップの現場ノウハウ」の第17回です。これまでの記事(連載インデックス)も合わせてご覧ください。


超人気スイーツ店の苦難の船出、周囲からは撤退勧告も

シリアルマミーの篠 直余さん
シリアルマミーの篠 直余さん

 2001年8月、楽天市場でネットショップをオープンした創作洋菓子店『シリアルマミー』。現在は多い時で月商2000万円を超えることもある超人気店ですが、開業当月の月商はわずか1万6000円。翌月の月商もたったの3万円。当時、デパ地下や有名デパートの催事場にも出店するなど、実店舗では順調に事業を拡大していたにも関わらず、ネットショップでは大苦戦しました。店主の篠 直余さんは当時をこう振り返ります。

「うちはもともと、夫の経営するフランス料理店で私が作っていたデザートが口コミで人気を集め、デパ地下出店のお誘いをいただいた経緯があります。以後オリジナルスイーツに特化して事業を展開しましたが、それまでトントン拍子だったこともあり、商品に絶対の自信があればどんな販売形態でも認めてもらえるのだろうと思っていました。ところがネットは大ハズレ。周囲からは撤退を勧められましたが、せめて支払った半年分の出店料30万円は回収しなきゃと思いました。このまま引き下がるわけにはいかない! と焦りましたね」

 そこで篠さんがまず取り込んだのが、すでに売れているネットショップのサイトを分析し、いいと思える部分を自分のショップに積極的に取り入れていくことでした。


■今回の成功ネットショップ:
創作洋菓子販売『シリアルマミー』

シリアルマミー

1998年1月、夫の経営するフランス料理店でフレンチトーストを販売し話題を呼ぶ。以後、創作洋菓子販売を開始。同年6月、新宿伊勢丹のデパ地下に出店。以後、プランタン銀座(1999年)、自由が丘スイーツフォレスト(2003年)をはじめ、都内の有名デパートに次々出店。 2001年8月、ネットショップオープン。2004年、楽天市場のショップ・オブ・ザ・イヤー「スイーツ・菓子・デザートジャンル賞」を受賞。 2007年度のネット/実店舗を合わせた年商は2億4000万円。 。

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く