このページの本文へ

マイクロソフト、『Windows Mobile 2003 software for Pocket PC』を発表

2003年06月30日 18時01分更新

文● 編集部 内田泰仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は30日、PDA向けソフトウェアプラットフォーム『Windows Mobile 2003 software for Pocket PC 日本語版』を発表した。『Windows Mobile 2003 software for Pocket PC 日本語版』は、『Pocket PC 2002』の後継にあたり、OSには新たにWindows CE .NET 4.2が採用された。

『Windows Mobile 2003 software for Pocket PC 日本語版』。画面上部には無線LANの接続状況を示すアイコンが表示される

主な強化点としては、

ワイヤレス通信機能の強化
無線LAN機能対応(IEEE 802.1x対応、自動感知および設定を行なう“無線LANゼロコンフィグレーション機能”を装備)、Bluetooth 1.1をネイティブサポート(機器間データ通信、モデム通信、機器の自動検知、ウィザードによる設定の簡易化、Bluetooth経由での『Microsoft ActiveSync 3.7』による接続に対応)、接続ウィザードの機能向上(Windws XPの接続ウィザードに似た、目的別のウィザードを搭載)
セキュリティー機能の強化
IPsec/L2TP(Layer2 Tunneling Protocol)やRSA SecureIDに対応、VPNクライアント搭載、証明書管理機能、無線LAN環境での接続認証を証明書で行なうPEAP(Protected EAP)およびEAP-TLSのサポートによるセキュリティー強化、標準のメール機能“受信トレイ”のSSL対応
アプリケーションの機能強化
文字入力インターフェースの向上(手書き入力サポート、入力候補の表示)、『Pocket Outlook』搭載(“受信トレイ”を統合、複数メールアカウント対応、“予定表”や“連絡先”を搭載)、『Pocket Internet Explorer』の機能強化(パフォーマンス向上、XHTMLベーシック、CSS、HTML 4.0.1、WML2.0、Jscript 5.5、IPv6をサポート)、同期ユーティリティ『Microsoft ActiveSync 3.7』搭載(『Exchange Server 2003』搭載サーバーと直接同期が可能、バックグラウンド同期搭載、IPv6対応)、マルチメディアプレーヤーを『Windows Media Player 9』にバージョンアップ、画像ビューワー『Pictures』およびゲーム『Jawbreaker』の新規搭載
開発環境として『Visual Studio .NET 2003』を用意
『Windows Mobile 2003 software for Pocket PC 日本語版』に“.NET Compact Framework”が標準搭載されたことにより、『Visual Studio .NET 2003』によるPocket PC向けの.NETアプリケーションの作成と配布が容易になった。

などがある。

無線LANの設定画面。設定項目や設定方法はWindows XPのものとほぼ同等証明書の管理画面
『Pocket Outlook』のトップ画面。今日の予定、未読メールの本数、ToDoの件数が表示されている『Exchange Server 2003』との『Microsoft ActiveSync 3.7』による同期の設定画面
新規アプリの画像ビューワー『Pictures』Pocket PC用の『Windows Media Player 9』

また、PPPやVPN、プロキシーといった接続環境、メールクライアントの設定、『Pocket Internet Explorer』の“お気に入り”の内容、“ActiveSync”の設定、レジストリーなどの各種設定の自動処理機能を搭載。設定内容を記述したファイルを各デバイスに配布、実行することにより、デバイスを自動的にセットアップすることが可能になる。これにより、大量導入時の管理工数の削減やユーザーの初期設定の省力化が図られているという。

マイクロソフトによると、『Windows Mobile 2003 software for Pocket PC 日本語版』が動作するハードウェアスペックとしては、『Pocket PC 2002』の要件を満たすものとほぼ同等だという。マイクロソフトから既存の『Pocket PC 2002』搭載PDA向けのアップグレードキットをリリースする予定はないものの、各製造メーカーがアップグレードキットなどを提供すれば、『Pocket PC 2002』搭載PDAで『Windows Mobile 2003 software for Pocket PC 日本語版』を動作させることは可能だとしている。

『Windows Mobile 2003 software for Pocket PC 日本語版』搭載のPDAは、NECインフロンティア(株)、カシオ計算機(株)、(株)東芝、日本ビクター(株)、日本ヒューレット・パッカード(株)、富士通(株)から発売される予定。また、ネイティブアプリケーションの開発ツールとして、ソフトウェア開発キット(SDK)が近日提供開始されるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン