このページの本文へ

東芝、厚さ12.4mmで149gの“Pocket PC 2003”搭載PDA『GENIO e350』を発売

2003年08月07日 20時47分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)東芝は7日、携帯情報端末“GENIO e(ジェニオ イー)”の新製品として、『Windows Mobile 2003 software for Pocket PC 日本語版』(Pocket PC 2003)とPXA255-300MHzを搭載した『GENIO e350』を9日に発売すると発表した。価格はオープン。

本体正面『GENIO e350』(本体正面)

『GENIO e350』(PAPDA006)は、PXA255-300MHzと64MBのSDRAM/32MBのフラッシュROMを搭載し、OSにWindows Mobile 2003 software for Pocket PC 日本語版を採用した、GENIO eのスタンダードモデル。スクリーンライト付きの3.5インチ半透過型TFT液晶ディスプレー(240×320ドット、6万5536色表示)を搭載し、インターフェースは、赤外線通信(IrDA 1.2)、クレードル接続ポート、ヘッドホン端子などを装備。拡張スロットはSDIOカードに対応したSDカードスロットを搭載する。電源はリチウムイオンバッテリー(1000mAh)を内蔵し、約14時間の利用が可能(データのメモリー保持時間は約72時間)。本体サイズは幅80×奥行き12.4×高さ125mm、重量は約149g。USBクレードル、ACアダプター(AC100V対応)、シンクロソフト『ActiveSync 3.7』と『Microsoft Outlook 2002』を収録したCD-ROM、スタイラス、ソフトケースなどが付属する。

本体上面
本体上面

純正オプションとして、Bluetooth SDカード『PABSD001』(オープン価格)などを用意する(対応ドライバーソフトは8月下旬にウェブで提供する予定)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン