このページの本文へ

JetwayとLeadtekから仕様が異なる“nForce2”マザー発売に

2003年05月10日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 JetwayとLeadtekから“nForce2”マザーがそれぞれ発売された。Jetway「Kocab 18G」はチップセットにVGA機能を内蔵した“nForce2-GT(IGP+MCP-T)”をLeadtek「WinFast K7nCR18D PRO II」はVGA機能がない“nForce2-ST(SPP+MCP-T)”を搭載している。

「Kocab 18G」
「Kocab 18G」
Serial ATA機能
Promise製“PDC20375”によるSerial ATA機能

 まずJetway「Kocab 18G」だが、同社製としては珍しい真っ赤な基盤を採用している。チップセットにVGA機能を内蔵した“nForce2-GT(IGP+MCP-T)”を搭載するほか、拡張スロットはAGP×1、PCI×6という構成で、DIMMスロットは3本。最大メモリ容量は3GBとなっている。オンボードインターフェイスはPromise製“PDC20375”によるSerial ATA機能のほかサウンド、IEEE1394、10/100Baseイーサネットと十分といえる仕様だ。価格はコムサテライト3号店で1万4900円、スーパーコムで1万5480円となっている。

 もうひとつのLeadtek「WinFast K7nCR18D PRO II」はVGA機能がない“nForce2-ST(SPP+MCP-T)”を搭載しているものの、FSB400、Dual LAN対応とかなり特徴的な仕様だ。その他オンボードインターフェイスはIEEE1394やサウンドのほかSilicon Image製“Sil3112ACT144”によるSerial ATA機能となっている。拡張スロットはAGP×1、PCI×4、ACR×1、3GBまで搭載可能なDIMMスロット3本となっている。価格はスーパーコムで1万4800円、コムサテライト3号店で1万5200円となっている。

「WinFast K7nCR18D PRO II」
「WinFast K7nCR18D PRO II」
Silicon Image製Serial ATA機能
Silicon Image製“Sil3112ACT144”によるSerial ATA機能
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ