このページの本文へ

ファイルメーカー、XMLをサポートした『ファイルメーカーPro 6』を発売

2002年09月09日 17時22分更新

文● 編集部 高橋洋子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ファイルメーカー(株)は9日、データベースソフトの最新版『ファイルメーカーPro 6』の販売を10月上旬に開始すると発表した。価格は、Windows版/Mac版のいずれも3万9000円。

ファイルメーカーPro 6
『ファイルメーカーPro 6』パッケージ

最新版となる今回は、XMLインポート/エクスポートをサポートしたほか、簡単なクリック操作によるデジタルイメージの一括インポート機能や、ビジネス用、教育用など20種類以上の新しいテンプレートなどを搭載している。また、従来からの検索/置換、対象レコードの絞り込み/拡大、書式のコピー/貼り付け機能などの強化も行なっている。

Windows版の対応OSは、Windows 98/Me/NT 4.0/2000/XP。動作環境は、Pentium-90MHz以上のCPU、32MB以上のメモリー、空き容量210MB以上のHDDを搭載した機種。 Macintosh版の対応OSは、Mac OS 8.6~9.2.2、Mac OS X 10.1~10.1.5。動作環境は、Mac OSの場合が、32MB以上のメモリー、空き容量60MB以上のHDDを搭載した機種。Mac OS Xの場合が、128MB以上のメモリー、空き容量60MB以上のHDDを搭載した機種。

なお、『ファイルメーカーPro 5.0/5.5(Windows版/Macintosh版)』の正規ユーザーに対しては、アップグレード版の販売を、店頭もしくは同社カスタマセンターにて1万9000円で行なう。これ以前のバージョンのユーザーについても、発売日から2003年3月31日までに限り、アップグレード版提供の対象とする(こちらはカスタマセンターのみでの提供)。該当者には9月中旬に郵送にて案内が送付される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン