このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第29回

Leicaのロゴで買いました――遠くのモノを計れるレーザー測定器

2008年11月20日 17時47分更新

文● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「DISTO D3」

「Leica DISTO D3」本体重量は110g、レーザーで測定できる最大距離は100メートル

 ごく一部の人間ではあるが、巻き尺やノギス、マイクロメーター、コンマ1gまで測れるキッチン秤など、測定系道具を手に入れるとやけに興奮する人種がいる。その道具が精密であればあるほど、意味もなく一日中、身の回りにあるあらゆるモノのサイズや重さを測定して、無駄な時間を過ごしてしまう。

 そんな測定マニアが手に入れたら一週間は眠れない「測定キング」的なアイテムを紹介しよう。カメラやレンズで有名なライカ社のロゴを冠に頂いた「Leica DISTO D3」だ。ケータイサイズのDISTO D3は、本体のてっぺんからレーザービームを発し、ターゲット迄の距離を測定する先進のハイテクツールだ。

「DISTO D3」

DISTO D3はケータイサイズのハンディレーザー測定器だ

「DISTO D3」

上面に各種の測定方法を選択する機能キー、と赤い大きな「ON/測定キー」がある

「DISTO D3」

測定のためのポイントを指示するためのレーザーは、側面の小さな溝から発せられる。レーザーポイントの光が反射する物体や吸収されるようなモノの場合は、扉写真の左端にあるターゲットプレート(別売)を使うと改善される

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ