このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第27回

専用ライトで秘密が浮かぶ!「マジックライトペン」

2008年11月05日 23時30分更新

文● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「マジックライトペン」
童心がよみがえる「マジックライトペン」

 人類が存続する限り、男と女がいる限り、作る側と使う側がいる限り、売る側と買う側がいる限り、そして競争相手がいる限り、「秘密」は存在する。

 秘密はどこにも証拠を残さないことが最大の防御ではあるが、それでは当事者や仲間も、その内容や存在を忘れてしまう危険性がある。また人間の悪い癖で、多少のスリルを味わうために、100%安全とは言えない秘密の場所に証拠を隠したり、自分にしか分からない方法でそれを記したりすることが多々あるだろう。

 昔から「インビジブルインク」(見えないインク)と呼ばれるモノは多く存在した。子供の頃、ミカンの果汁で描いた文字や絵を、ストーブの熱で温めることに興奮した経験のある読者もいるだろう。

 逆の発想で昨今は、こすって温めることで、書いた文字を綺麗に消し去ることの出来るボールペンも登場した。温度の変化だけで、秘密の文字が消えたり現われたりすることは特別なハードウエアを使用しない点に置いて素晴らしい。しかし、自然環境の変化によって大事な秘密がばれてしまうリスクも十分高い。

「マジックライトペン」
マジックライトペンは100均ショップでゲットできる

 今回紹介するのは、100均ショップのダイソーで見つけた「マジックライトペン」。ボタン電池で駆動する専用のライトペンの光をかざすと、専用の透明ペンで描いた文字や絵を見事に浮かび上がらせる優れモノだ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン