このページの本文へ

WesternDigital「WD5000BEVT」

WesternDigital初の2.5インチ500GB HDD、もちろん9.5mm厚!

2008年10月02日 22時45分更新

文● 宇田川/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 WesternDigital製Serial ATA対応2.5インチHDDとしては最大容量となる容量500GBとなる「WD5000BEVT」が登場した。

「WD5000BEVT」 拡大
インターフェイス WesternDigital製Serial ATA対応2.5インチHDDとしては最大容量となる容量500GBとなる「WD5000BEVT」が登場

 本製品は「WD Scorpio Blue」シリーズの製品で、主なスペックは、厚さが9.5mm、インターフェイスがSerial ATA(3Gb/s)、回転数は5400rpm、シークタイムが12ms、バッファー容量は8MB、消費電力はアイドル時0.85W、読取り/書込み時2.50W、スタンバイ時0.25W、スリープ時0.10Wというもの。なお、2.5インチHDDで容量500GBモデルは、先にHGST「HTS545050KTA300」、SAMSUNG「HM500LI」などが登場している。価格はTWOTOP秋葉原本店とフェイスパーツ館、フェイスカスタム館、T-ZONE.PC DIY SHOPで1万5980円、アークで1万6480円となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中