このページの本文へ

空間上の粒子を操る新エフェクト!

フラッシュバック、AfterEffectsに対応したプラグイン「Trapcode Form」を発売

2008年01月07日 17時01分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)フラッシュバックは7日、「Adobe AfterEffects」に対応したスウェーデンのトラップコード社製のプラグインソフト「Trapcode Form」を発売した。価格は2万7300円で、同社のウェブサイトからダウンロード購入する。

flash01「Trapcode Form」は、座標軸(グリッド)をベースにしたプラグイン。3D空間に存在する粒子の大きさや形状、色、密度などをコントロールして、さまざまなエフェクトを生成できる。日本語マニュアルが'08年上半期に配布される予定
flash02
インターフェース画面。多彩な3Dグリッドのパターンが60種類搭載されている。途切れのないループ映像を手軽に作成できるほか、異なるレイヤーをプロパティのマップとして使い、パーティクルの動きのみを別オブジェクトの反映することも可能

対応システムは、Mac OS X以上もしくはWindows XP/Vista。「Adobe AfterEffects 7.0/CS3」で動作する。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中