このページの本文へ

被写界深度を調節する「Zブラー」を搭載

フラッシュバック、9種類のエフェクトを備えた映像プラグイン「SmoothKit v2」を発売

2008年03月05日 21時16分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)フラッシュバックは4日、映像のノイズやジャギーを消去する9種類のエフェクトを備えた米リ:ビジョンエフェクツ社の映像プラグイン「SmoothKit v2」を発売した。価格は1万6590円で、同社のウェブサイトからダウンロード購入できる。

SmoothKit v2」は、3Dシステムの深度マップを利用して被写界深度を調整する「Zブラー」を新搭載。ぼやけ感を細かく指定して、自分好みの印象に仕上げられる。


SmoothKit v2
ピクセル単位でフィルターを適用するので、髪の毛やまゆ毛のディテールを維持したまま人肌の修整処理を自然に仕上げられる
SmoothKit v2
3D CGの被写界深度を調整する「Zブラー」。エッジ周囲のノイズや破損部分のジャギーも軽減できる

Macでの対応ソフトは、「Adobe After Effects 7.0.1 CS3」「Adobe Premiere Pro 1.5以上」「Final Cut Pro 5.1以上」「Combustion 4.0.5」、Windowsでは「Adobe After Effects 5.0 CS3」「Combustion 3.0.4」。対応システムは、Mac OS X 10.2.8以上(ユニーバーサルバイナリー対応)もしくはWindows 2000/XP/Vistaとなる。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中