このページの本文へ

フラッシュバック、映像エフェクトプラグイン「Radium Glow」と「Magic Bullet Frames」を発売

光の追加とちらつきを除去

2008年08月21日 18時37分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)フラッシュバックは19日、米レッドジャイアントソフトウェア社製の映像エフェクトプラグイン「Radium Glow」と「Magic Bullet Frames」を発売した。「Radium Glow」の価格は1万3650円で、「Magic Bullet Frames」の価格は2万73000円。同社のウェブサイトからダウンロード購入する。

Radium Glow」は光の特性をリアルにシミュレートして、光のハイライト効果を自然に生成するエフェクト。単に素材にブラーをかけるのではなく、ピンポイントに処理を施しながら編集することによって、アウトラインや光る部分をきめ細かに作成する。

Radium Glow
実際の光の特性をリアルにシミュレートする出力コントロールを備えている

Radium Glow」の対応ソフトは「Adobe After Effects 7.0〜CS3」「Adobe Premiere Pro CS3」「Avid Xpress Pro 5.6〜5.7」「Media Composer 2.6〜2.7」「Final Cut Pro 5.1.4〜6.0」「Motion 3.02」。 対応システムはMac OS X 10.4.4以上(Leopard対応)またはWindows XP SP1/Vista(32ビット版)。対応マシンはPowerPC G5/インテルCPUを搭載したMac、またはPentium4 2.4GH以上のPCだ。


Magic Bullet Frames」はSD/HDビデオカメラで撮影されたインターレースビデオを、ちらつきやノイズのない、なめらかで高品質なムービーに変換するためのプラグインだ。

Magic Bullet Frames
「Frames」独自のアルゴリズムにより、高速にクオリティーの高いインターレース除去を実現

Magic Bullet Frames」の対応ソフトは「Adobe After Effects 7.0〜CS3」「Adobe Premiere Pro CS3」「Final Cut Pro 6」「Motion 3.02」。 対応システムはMac OS X 10.4.11以上(Leopard対応)またはWindows XP SP1/Vista(32ビット版)。対応マシンはPowerPC G5/インテルCPUを搭載したMac、またはPentium4 2.4GH以上のPCだ。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中