このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

じつは量販店よりもはるかにお買い得!!

3万円オフは当然!? 爆安モデルが満載の「東芝ダイレクト」

2012年07月20日 11時00分更新

文● 星 紀明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クーポンを適用するだけでビックリ価格に

 PCの買い換えや買い増しを考えるときは、いくつかの家電量販店や通販サイトを巡って価格を比較することが多いと思うが、そこに「東芝ダイレクト」を加えておくべきだ。同サイトは、東芝製PCを中心に液晶テレビやBDレコーダーなどを販売するメーカー直販サイトで、これまでの「Shop1048(ショップトウシバ)」が、昨年8月にリニューアルされて現在のスタイルになった。このサイトではクーポンによる期間限定のキャンペーンが頻繁に行なわれ、3万円オフや4万円オフといった大幅値引きもざらにある。これを見逃す手はない!

東芝直営の通販サイト「東芝ダイレクト」。クーポンを活用すると、お目当てのモデルを特価で買えることも

 東芝ダイレクトで取り扱っているPCはWEBオリジナルモデルで、家電量販店などで販売されている店頭モデルとは製品名や型番が異なるが、仕様的にはほぼ共通した製品も多い。たとえば、3波ダブルチューナーを搭載したAVノートだと、店頭モデルでは「dynabook Qosmio T752/T8F」があるが、それに相当する直販モデルは「dynabook Satellite T752/WTTFB(PT752TTFBFBW)」となる。

 驚くのは、クーポン適用後の価格の安さだ。直販モデルの通常価格は18万4800円だが、執筆時に実施されていたクーポンキャンペーンを適用したところ4万5000円オフになり、一気に13万9800円まで値引きされる。対して店頭モデルの実勢価格は、某家電量販店で18万9800円の10%ポイント還元(執筆時点での編集部調べ)。支払額にして5万円、ポイント付与分を考慮しても3万円以上の差がつく。直販モデルの方がHDDの容量が若干小さかったり「Adobe Photoshop Elements 10」などのソフトがバンドルされていないといった違いはあるものの、それを差し引いても同サイトの安さは圧倒的なのだ。

各商品の詳細画面に表示されるクーポン番号を注文時の入力フォームにコピペするだけで、大幅な値引きが適用される
店頭モデルとの違いは、HDDが750GBになることと「Adobe Photoshop Elements 10」「Adobe Premiere Elements 10」がバンドルされないこと。それ以外の仕様は共通で、CPUは第3世代Core i7-3610QM、メモリも8GBとハイスペックな構成だ
直販モデルと店頭モデルのおもな仕様と価格
種別 直販モデル 店頭モデル
製品名 dynabook Satellite
T752/WTTFB
dynabook Qosmio
T752/T8F
CPU Core i7-3610QM Core i7-3610QM
メモリー 8GB 8GB
ストレージ HDD 750GB HDD 1TB
光学ドライブ BDドライブ(BDXL対応) BDドライブ(BDXL対応)
ディスプレー 15.6型ワイド
(1366×768ドット)
15.6型ワイド
(1366×768ドット)
Adobe Photoshop
Elements 10
Adobe Premiere
Elements 10
なし あり
実質価格 13万9800円
(クーポン適応価格)
18万9800円
(10%ポイント還元あり)

前へ 1 2 3 次へ

東芝ダイレクト

インテルバナー