このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

GeForce GT 630M搭載でBDドライブも選べる「dynabook Satellite T772」

ドドンと「TOSHIBA」!Win8の17型ノートもdynabookだ

2012年12月14日 11時00分更新

文● エースラッシュ 写真●篠原孝(パシャ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 大型ディスプレーと大容量HDDを搭載したノートPCといえば、ほぼテレビ機能を搭載したAVモデルという印象がある。大きな画面で美しい映像を楽しむ、というわけだ。東芝の「dynabook Qosmio」もその流れだ。しかし、テレビ機能はいらないという人も多いだろう。そうしたユーザー向けに、大画面でストレージ容量も大きいけれどテレビ機能は搭載せず、その代わりにグラフィック機能を強化したモデルを東芝が用意した。それが、直販サイトである「東芝ダイレクト」の限定販売であるWebオリジナルモデル「dynabook Satellite T772」だ。

「dynabook Satellite T772」

 「dynabook Satellite」というのは、東芝の通常ラインアップでは法人向けのビジネスノートPCのブランドだ。法人向けというだけに地味な黒い筐体のモデルが展開されている。そして、大画面モデルが多いという特徴がある。

スマートで引き締まったスタイルで見た目のボリューム感をダウン

 外側の見た目は、ビジネスノートである「dynabook Satellite B372」に似ている。ただしボディカラーはダークシルバーだ。ヘアライン加工のされたトップカバー中央に「TOSHIBA」のロゴがミラー加工されて入っている。これもコンシューマー向けとは違う「dynabook Satellite」の基本スタイルだ。しかし裏事情を知らなければ、ビジネスノートの雰囲気はあまりない。

 17.3型ディスプレーを搭載しているだけにボリューム感はあるが、一般的な事務机に載せて邪魔というほどではない。家庭のリビングはもちろん、個室のテーブルなどでも十分利用できるはずだ。具体的な寸法は、約幅418.2×奥行き272.2×高さ28.0~33.7mm。重さは約3.0kgとなっている。

 見た目的にも、シルバー基調のボディにディスプレーベゼルとキーボード部のみ黒という引き締まった配色なので、実際の大きさよりもすっきりと見えるような気がした。

トップカバーのロゴは「TOSHIBA」
最厚部で33.7mmあるが、それほど厚いという感覚はない


東芝ダイレクト

(次ページ、「映像出力も充実したインターフェース」に続く)


 

前へ 1 2 次へ

東芝ダイレクト

インテルバナー