このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

東芝のデタッチャブルUltrabookでお絵描きを

dynabook V713はCLIP STUDIO PAINTのタッチUIをフル活用できる

2013年08月23日 11時00分更新

文● 林 佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows搭載のピュアタブレットはAtom搭載機が多く、Core iシリーズ搭載で思いつくのはマイクロソフトの「Surface Pro」くらいか。ただし、少しジャンルを広げてみると、これまで二度にわたって紹介してきたデタッチャブルタイプのUltrabook「dynabook V713」が目に飛び込んでくる。キーボードドッグから取り外すと、Windowsタブレットとして動作する仕組みで、都合に応じてノートPCとタブレットの両方として運用できる。

毎度、稚拙なイラストだが、主線が定まらずなんか線いっぱいでも、操作上のもたつきはナシ

 さて、前回の「dynabook V713はBamboo Stylus feelが使える」では、CLIP STUDIO PAINTシリーズには必須ともいえる筆圧感知が、Bamboo Stylus feelでも動作したため、その使い勝手をチェックした。それからしばらくして、CLIP STUDIO PAINTシリーズがアップデートし、Windows 8のタッチUIに最適化されたインターフェイスが採用された。試しに使ってみたところ、とても使い勝手が向上していたため、dynabook V713との組み合わせは大いにアリと判断して、第3回をお送りする。

CLIPSTUDIO
dynabook V713/W1J」の主な仕様
CPU Core i5-3339Y(1.50GHz)
メモリー 4GB(DDR3 1600)
チップセット インテル HM76 Express
グラフィック インテル HD グラフィックス 4000(CPUに内蔵)
ディスプレー 1920×1080ドット IPS液晶、静電容量式タッチパネル
ストレージ SSD 256GB
バッテリー駆動時間 約7時間
OS Windows 8 64bit
サイズ/重量 幅299×奥行き220.5×高さ19.9mm/約1.47kg
直販価格 15万8800円


東芝ダイレクト


 

(次ページ、「Bamboo Stylus feelが使える」に続く)

前へ 1 2 次へ

インテルバナー