このページの本文へ

堅牢性に優れたスリムボディ

東芝、Windows 8搭載の「dynabook R632」を発表

2012年10月26日 22時30分更新

文● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東芝が、人気のウルトラブック「dynabook R632」にてWindows 8対応モデルの発売を開始した。

人気ウルトラブック「dynabook R632」にWindows 8モデル登場

堅牢性に優れ、安心して持ち歩けるウルトラブック

 「dynabook R632」は、軽くて、薄くて、硬いので持ち運びにも安心な設計となっている。重量は約1.12kg、8.3~15.9mm程度の薄さで、落下・水滴にも強いのだ。肝心の機能もストレージに128GB SSDを使い、バッテリーも最大で9時間もつので、長時間の使用も充分可能である。

選択肢が増えて、さらにお求めやすく

 新モデルでは、Core i3-3217Uモデルを追加して、よりリーズナブルに購入することが可能となった。ウルトラブックを試してみたユーザーには、うれしい選択肢といえるだろう。

東芝ダイレクト

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー