このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

タッチパネル非搭載だからわかるWindows 8の実力!「dynabook R632」ロードテスト ― 第4回

フリーウェアでWindows 8を最適化

デスクトップ画面だけの「dynabook R632」でWindows 8を使う!

2012年12月07日 17時00分更新

文● 真島 颯一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 タッチパネル非搭載の「dynabook R632/W1UGK」のテストとともに“タッチしない”Windows 8活用を考える、ちょっぴりひねくれたロードテストを連載中! 第1回第2回第3回もどうぞ。

懐かしの(?)スタートボタンを復活

 前回までは「dynabook R632」でWindows 8のデスクトップを活用する方法をについて紹介してきた。タスクバーやショートカットをうまく使うことにより、煩わしさを解消させる方法だ。続いては、よりdynabook R632を活用するために、もう一歩踏み込んだカスタマイズをしてみたい。デスクトップ画面のスタートメニュー復活&Windows 8スタート画面スキップだ!

試用機のおもな仕様
製品名 dynabook R632/W1UGK
CPU Core i7-3667U vPro
(2.00GHz、ターボ・ブースト時最大3.20GHz)
メモリー 8GB(4GB+4GB) PC3-12800対応
ストレージ SSD 256GB
ディスプレー 13.3型ワイド(1366×768ドット)
バッテリー駆動時間 約9時間
サイズ W316×H8.3~15.9×D227mm
重量 約1.12kg
直販価格 15万9800円

 さて、ユーザーにとってWindows 8最大の衝撃はスタートボタンの消失ではないか。小生も知人から「アプリの起動は?」「電源をシャットダウンは方法がわからない!」といった悲鳴を聞いている。タッチパネル搭載モデルならスムーズに操作できることが、非搭載のdynabook R632では迷ってしまったのだ。まずは、スタートボタンを復活からはじめよう。

 スタートボタンの復活には、「Classic Shell」というフリーウェアを利用する。このアプリは、擬似的にスタートボタンを復活するもの。さっそくダウンロードしてインストール。完了するとタスクバーの左端にスタートボタンが復活した!

タスクバーに擬似スタートボタンが表示。クリックするとWindows 7までと同様にスタートメニューが表示される
展開されるメニューも、従来とほとんど一緒。使い慣れているUIに近い操作感で、ちょっぴり安堵する

 アイコンやメニュー構成、使用感など、以前とまったく同じとまではいかないが、いつも使っていたお馴染みのメニューが使える。Windows 7のほかに、VistaやXPなど、好みのバージョンを設定できるのもうれしいところだ。

Windows 7スキンのほかにも、いくつかのスキンが用意されている

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

東芝ダイレクト

インテルバナー