このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信 第180回

LTEモデルもあり! お手頃価格&コンパクトサイズにキッズモード搭載で子供の利用も安心

使いやすくリニューアルされた、1万円台からの8型タブレット「HUAWEI MatePad T 8」を紹介!

2022年10月21日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 毎回ファーウェイのさまざまなジャンルの製品をレビューしている「ファーウェイ通信」。今回はタブレットの新製品。8型という外に持ち出すことが容易なサイズで片手でも使いやすく、LTEモデルでも2万円台半ばというお手頃価格も魅力のタブレット「HUAWEI MatePad T 8」を取り上げる。

持ち運びしやすい8型タブレットは国内では以前から人気があるジャンルだが、手頃な価格の「HUAWEI MatePad T 8」がリニューアルして登場

外出先に持ち運びしやすく、根強い人気の8型サイズ
ファーウェイの「HUAWEI MatePad T 8」がリニューアル!

 ファーウェイのタブレット「HUAWEI MatePad」シリーズには、画面サイズや処理性能、サウンド周りなどで個性が異なる多数のモデルがラインアップされている。今回、リニューアルされて登場した「HUAWEI MatePad T 8」は、小型でかつエントリークラスの位置づけとなる製品だ。

価格は2万円弱から。HUAWEI MatePadシリーズではエントリークラスになる

 最大の魅力は、最安モデルで税込1万9800円、各種SIMと組み合わせることで外出先でも単体で通信できるLTEモデルでも税込2万4800円という購入しやすい市場想定価格だ。仕事やプライベートで電子書籍や映像を楽しむ“サブ機”として気軽に使ってもよいし、子供の学習用にも向いている。また、シニアのユーザーが“最初の1台”として使うタブレットとしても適している。

 軽量かつコンパクトな本体のため、持ち運びしやすく、子供の小さな手でも扱いやすいのもHUAWEI MatePad T 8の魅力。本体重量は約310gで、画面占有率は80%。片手でもラクラク使うことができ、自宅でも外出先でもオールマイティーに活用できる。

通勤電車での利用など、片手で長時間持って使うことも難しくない

 エントリークラスの製品ではあるが、本体にはサンドブラスト加工を施したメタル筐体を採用しており、高級感も漂うデザインだ。シンプルで洗練されたデザインのため、ビジネスシーンでも違和感なく使える。カラバリは落ち着いた印象のディープシーブルーの1色が用意されている。

シンプルなデザインでどんな場面でも使いやすい

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
ファーウェイ・オンラインストア 楽天市場店