CFD販売よりAMD X670チップセット搭載のGIGABYTE製マザーボード3モデルが発売

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シー・エフ・デー販売は9月30日、GIGABYTE製マザーボードの取り扱いを開始した。

 新たに取り扱いを開始するAMD X670チップセット搭載のマザーボードとして、「X670E AORUS XTREME」 「X670E AORUS MASTER」「X670 AORUS ELITE AX」の3モデルを販売する。

X670E AORUS XTREME

 X670E AORUS XTREMEは、18(105A Power Stage)+2+2フェーズのデジタル電源設計を採用し、Fins-Array III & M.2 Thermal Guard III大型ヒートシンクを搭載。PCIe 5.0 x16スロットや4連PCIe 5.0 M.2スロット、10GbE有線LANやIntel Wi-Fi 6E 802.11ax対応無線LANなどを搭載した最上位フラッグシップとなるE-ATXモデル。実売価格は11万6000円前後の見込みで9月30日19時に販売開始。

X670E AORUS MASTER

 X670E AORUS MASTERは、16(105A Power Stage)+2+2フェーズのデジタル電源設計を採用し、Fins-Array III & M.2 Thermal Guard III大型ヒートシンクを搭載。PCIe 5.0 x16スロット、4連M.2スロット、Intel 2.5GbE有線LAN、Intel Wi-Fi 6E 802.11ax対応無線LANなどを搭載した上位ハイエンドのE-ATXモデル。実売価格は8万5000円前後の見込みで9月30日19時に販売開始。

X670 AORUS ELITE AX

 X670 AORUS ELITE AXは、16(70A SPS)+2+2フェーズのデジタル電源設計、M.2 Thermal Guard & 大型放熱ヒートシンクを搭載する。PCIe 4.0 x16スロットや4連M.2スロット、Realtek 2.5GbE有線LAN、AMD Wi-Fi 6E 802.11ax対応無線LANなどを搭載した、AORUS標準ATXモデル。実売価格は5万1000円前後の見込みで、10月7日発売。

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月