5120×2160ドットの5X40(JN-5X40)をレビュー

5K2KはフルHDの約5.3倍、39.7型ウルトラワイド曲面ディスプレーの凄まじい没入感

文●宮崎真一 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スタンドはチルトにスイーベルのほか
高さまで調整できて好印象

 外観は黒を基調にした落ち着いた雰囲気で、ゲーミング用途のほか、オフィス用途やプロユースでも問題ないデザイン。ベゼル幅が約2mmと、画面非表示幅を含めても8mmほどしかなく、スッキリした外観にも好感が持てる。

 しかし、39.7型の曲面パネルなので、設置場所には注意してほしい。幅は約948mmと1m近くあるので、大きめの机が必要になるだろう。スタンド台座部自体は幅約565mm、奥行き約306mmなので設置面積はそこまで大きくない。しかし、ディスプレーが宙に浮いている状態だと、うっかり身体をぶつけてしまうこともあるので、余裕を持ったサイズの机で運用することをオススメする。

こちらは背面の様子。スタンドにはケーブルを通すための穴がある

 スタンド台座部はハの字タイプの足で、パネルの重量はかなりあるものの安定感は申し分ない。上方20度から下方5度までのチルトのほか、左右30度のスイーベル、444~594mmで高さが調節できる。さすがにピボット機能はないものの、細かな位置調整ができる点は好印象だ。

 ディスプレーとスタンドは4本のネジで固定するタイプ。ドライバーが付属しているため、別途用意する必要がない点もありがたい。また、VESAアダプターが付属しており、100×100mm対応のディスプレーアームを取り付けられる。

ディスプレーとスタンドはネジ4本で固定する

ディスプレーとスタンドの接合部は半円状のパーツ×2を組み合わせて隠す。赤色の透明パーツだが、LEDが内部にあって光るというわけではない

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2021年
08月
09月
10月
2020年
06月
07月