在宅ワークやカフェでの勉強にも便利!

新生活にあると便利なタブレットを選ぶならモバイルディスプレイにもなる<Lenovo Yoga Tab13>がオススメ

文●山口優/編集●村野晃一(ASCII)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

会社でも家でも働くハイブリッドワークが必須な社会人に──
薄く軽く電池持ちもいいから、どこにでも持ち運んで使用できる

 リモートと出社を組み合わせたハイブリッドワークにも少しずつ慣れてきたBさん。会社から在宅ワーク用にノートPCを支給されているけれど、オフィスの大きなディスプレイでの作業に比べるとどうしても効率が落ちがち。しかも日常的に持ち歩くにはちょっと大きく重いのも悩みの種。Officeとメール、SNS、オンライン会議アプリなどが使えればいいので、もっと薄く軽い端末がほしい……。

 <Lenovo Yoga Tab13>は、そんなBさんのような社会人にもオススメだ。一般的なノートPCと同等の13型ディスプレイを搭載しながら、最薄部約6.2mm(スタンド部は約24.9mm)、質量約830gという薄型軽量ボディが大きな特徴。しかもバッテリーは最大約12時間駆動可能で、ACアダプターを持ち歩かなくても電池持ちを心配せず出先で作業に没頭することができる。

最薄部約6.2mm、質量約830gという薄型軽量ボディが大きな特徴

 ディスプレイ上部に約800万画素のインカメラが内蔵されているほか、3つのマイクと4つのスピーカーが搭載されており、クリアな映像・音声でオンライン会議に参加することが可能。

 さらに本体にMicro HDMI入力端子を装備しており、ノートPCの映像出力端子とケーブルでつなぐことで<Lenovo Yoga Tab13>を外付けディスプレイとして使用することもできる。デュアルスクリーンで作業すれば、片方で資料を参照しながら、もう一方で文書を作成する、片方でオンライン会議をしながらもう一方でメモを取る、といったようなことも簡単に実現でき、仕事の効率を格段に上げることができる。また、外付けディスプレイとしての利用時も、内蔵のバッテリーで駆動するので電源が無くても使えるのはうれしい

本体にMicro HDMI入力端子を装備しており、ノートPCのセカンドディスプレイとして使用することができる。また、PCなどとの接続に利用するMicro HDMI to HDMI変換ケーブルも標準で付属している

 また、Bluetoothが搭載されているため、同規格を採用した一般的なワイヤレスキーボードをペアリングして、キーボードによる文字入力をすることも可能。ソフトウェアキーボードやフリック入力では仕事で使えない! といった悩みとも無縁だ。またオプションの「Lenovoプレシジョンペン2」を利用すれば、画面に直接ペンで触れて操作したり、手書きメモを取ったりすることも可能。ノートアプリで手書きメモを取るのはもちろん、写真編集アプリでレタッチしたり、ペイントアプリでお絵描きしたりと、さまざまな用途に活用できる。

Bluetoothキーボードやオプションの「Lenovoプレシジョンペン2」を利用することもできる。手持ちのBluetoothキーボードをペアリングして使ってみたが、文字入力や基本的なキーボードショートカットは問題なく動作した