PCゲーミングを一層楽しくする4K大画面ハイリフレッシュレート!

ゲーマー支援機能も豊富なGIGABYTEのゲーミングディスプレー「FI32U」

文●勝田 有一朗 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

映像入力は4系統、USBハブ機能やサウンド入出力も備える

 FI32Uの映像入力は、HDMI 2.1×2、DisplayPort 1.4×1、USB Type-C(DP Alternate Mode)×1の計4系統、すべての映像入力で4K@144Hz(3840×2160ドット、リフレッシュレート144Hz)の信号入力に対応している。ただ、HDMIを使用する際は映像出力側のHDMIバージョンに気を付ける必要がある。

 PC用ビデオカードの場合、「NVIDIA GeForce RTX 3000シリーズ」「AMD Radeon RX 6000シリーズ」以降のビデオカードがHDMI 2.1対応となるのだが、それ以前のHDMI 2.0世代のビデオカードではHDMIから4K@144Hzの映像出力ができない。前世代ビデオカードで4K@144Hz表示を使いたい場合はDisplayPortで接続する必要がある。

 その他のHDMI 2.1対応機器としては「Sony PlayStation 5」や「Microsoft Xbox Series X」が挙げられ、これらの最新世代ゲーム機をHDMI接続することで4K@120Hzの表示が可能。GIGABYTEでも正式に対応を謳っている。

 また、4K@144Hzで使用する場合、接続に用いるケーブルの品質も重要だ。FI32Uには最初から4K@144Hzに対応するHDMIケーブルとDisplayPortケーブルが同梱されているので基本問題はないが、長さが約1.5mなので設置環境によってはさらに長いケーブルが必要な場合もあるだろう。その際は「Ultra High Speed HDMIケーブル」や「DisplayPort 1.4対応ケーブル」と明記されているものが必要だ。

標準で高品質ケーブルが同梱されている

 FI32UにはUSBハブの機能も備わっており、キーボードやマウスをつなげられるUSBダウンストリームポートとしてUSB 3.0 Type-A×2が用意されている。アップストリームポートには前述したUSB Type-Cか、もう1つ備わっているUSB 3.0 Type-Bのどちらかを切り替えて使用する。これは「KVM」というPC切り替え機能に用いるもので、USB Type-CとUSB 3.0 Type-B、それぞれに接続した2台のPCで、USB 3.0 Type-Aに接続したキーボードやマウスを共有することが可能だ。

 その他の入出力としてはサウンド機能があり、マイク入力、ヘッドフォン出力、ライン出力、それぞれのオーディオミニジャックが備わっている。PCとFI32UをUSB接続するとUSBオーディオデバイスとして認識され、FI32Uのマイク入力とヘッドフォン出力が使えるようになる。FI32UにはオーディオDACとして定評のある「ESS SABREチップ」が搭載されており、ピュアでパワフルなサウンドを楽しめるだろう。

FI32Uの入力端子群。USB Type-Cは15WのUSB PD出力に対応し、USB Type-CにPCをつなげない場合はスマホの充電用ポートとして利用するのも便利そうだ

USB Type-CとUSB 3.0 Type-B、それぞれのUSBアップストリームポートに映像入力端子を紐づけることでKVM機能が利用できる

 なお、入力切り替えやサウンドの音量調節、その他画質調整も含めたもろもろの設定は、ディスプレー上に表示されるOSD(オンスクリーンディスプレー)で行なう。本体下面中央に備わるスティック状のコントロールボタンでOSDを操作する方式だ。コントロールボタンを押し込み、上を入力するとOSDが表示される。また、OSDを呼び出さず、最初からコントロールボタンを上下左右に動かすと、割り当てられた機能を直接呼び出すショートカットにもなっている。

ディスプレー下面にコントロールボタンが備わっており、指を滑り込ませて操作する

コントロールボタンを押し込んだ後に上を入力すると表示されるOSD。コントロールボタンで直感的に操作しやすいデザインとなっている

OSDが表示されていない状態でコントロールボタンを上下左右に入力すると、割り当てられた機能が直接呼び出される。入力切り替えやKVM、画質プリセット切り替えなどを登録すると便利だろう

画質プリセットはデフォルト8種類の他に、自由に設定できるカスタムプリセットが3つ用意されている。用途に合わせてプリセットを都度切り替えて使うのも良さそうだ

 OSDと同じ操作をPC上から行なえる専用アプリ「AORUS OSD SIDEKICK」も用意されている。画質などの細かい調整はコントロールボタンよりもキーボードとマウスを使えるOSD SIDEKICKのほうが便利だ。

PCからOSDと同じ操作ができるOSD SIDEKICK。使うにはPCとFI32UがUSBで接続されている必要がある

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月