GIGABYTE「AORUS FI32U」

PS5で4K 120Hz表示可能な31.5型ディスプレーがGIGABYTEからデビュー

文●山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GIGABYTEから、リフレッシュレート144Hz、応答速度1msに対応する31.5型4K液晶ディスプレー「AORUS FI32U」が発売された。価格は14万3000円。TSUKUMO eX.で販売中だ。

リフレッシュレート144Hz、応答速度1msに対応する31.5型4K液晶ディスプレー「AORUS FI32U」

 液晶パネルにSuper Speed IPSを採用するゲーミング液晶で、インターフェースとしてHDMI2.1×2、DisplayPort1.4×1、USB Type-Cx1、イヤホンジャックx1、マイクx1などを備えるため、PlayStation 5やXbox Series X接続時に4K 120Hz表示に対応するのも特徴だ。

注目はPS5で4K 120Hz表示に対応するところ。31.5型とサイズも大きいためメインディスプレーとして活躍できそう

 主要機能として、クリアな通話ができる「アクティブノイズキャンセリング」、モーションブラー軽減と垂直同期技術を同時に有効化できる「エイムスタビライザー・シンク」、暗い部分の視認性を高める「ブラックイコライザー」などを搭載する。

 輝度350cd/m2、コントラスト比1,000:1、色域はDCI-P3 90%/sRGB 123%、視野角は水平/垂直178度、垂直同期技術はAMD FreeSync Premium Pro、ハイダイナミックレンジはVESA Display HDR400に対応する。本体サイズは717.6(W)×283(D)×598.3mm(H)で、重量は10.9kgとなっている。

【関連サイト】

【取材協力】

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月