このページの本文へ

世界的スパイウェア企業「NSO」、米制裁で企業存亡の危機

2021年11月25日 06時55分更新

文● Patrick Howell O'Neill

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

イスラエルのNSOはこれまで、悪名高いスパイウェア「ペガサス」を幾多の独裁国家に販売してきたことを非難されつつもビジネスを続けてきた。しかし、米国政府が制裁を科すことを発表した現在、存亡の危機に瀕している。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ