前へ 1 2 次へ

XPGの水冷クーラーのファンを変えてのCPU温度測定!

XPGの水冷クーラー「XPG LEVANTE 360」のファンをNidecコラボ品に交換して、さらに性能アップを試みる

文● 鈴木雅暢 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

AMD純正クーラーとの比較では明らかな差が見えた
高性能ファンへの換装でさらにもう一歩、冷却性能がアップ

 今回はAMD Ryzenシリーズの最上位モデルであるRyzen 9 5950Xのシステムでテストした。Ryzen 9 5950XはCPUクーラーが付属していないのだが、参考として、AMDの純正クーラー(Wraith Spire RGB)を利用した際と比較してみた。Ryzen 7 1700に付属していたもので、Ryzen 9 5950X用としては能力に不安があるが、一般的な空冷クーラーとはどのくらい違うかの目安にはなるだろう。

参考までに比較用に利用したAMD純正クーラー「Wraith Spire RGB」。Ryzen 7 1700に付属していたもの

今回のテスト環境
CPU AMD Ryzen 9 5950X
マザーボード MSI MAG B550 TOMAHAWK
メモリー XPG GAMMIX D45 DDR4(PC4-25600 8GB×2)
SSD XPG S50 lite 2TB
ビデオカード GIGABYTE GeForce RTX 2060 GAMING OC 6G
電源 XPG CORE Reactor 750W

 結果は以下の表のとおりで、XPG LEVANTE 360 ARGBの純正クーラーに対するアドバンテージは明らか。CINEBENCH R23実行中の最大温度は19度も低かった(AIDA64 Extremeで計測)。また、ベンチマークのスコアも2~3%程度ではあるが良くなっており、XPG LEVANTE 360 ARGBではブースト機能がより効果的に機能していることがわかる。

 ここからさらにファンをXPG VENTO PRO 120 PWMに換装した場合も良い結果になった。温度はさらに下がり、CINEBENCH R23+純正クーラーとの温度差は22度に。ベンチマークテストのスコアも若干ながら向上した。静音性については、アイドル時は標準ファンのほうが若干静か。高負荷時は同じくらいだが、標準ファンだとファンの回転が上がる際に若干うねるような音がする(とはいえすぐに安定する)のに対し、XPG VENTO PRO 120 PWMはそうしたことがなく音質に安定感があるためか、体感的な感覚は数値よりも低い印象を持つ。

  XPG LEVANTE 360 ARGB XPG LEVANTE 360 ARGB
(+XPG VENTO PRO 120)
Wraith Spire RGB
最大温度
PCMark 10 72 70 85
CINEBENCH R23/CPU 65 62 84
AIDA64 Extreme
/StressTest(10min)
68 66 85
PCMark 10
PCMark 10 7793 7822 7736
Essentials 10798 10824 19747
Productivity 9769 9961 9761
Digital Content Creation 12179 12046 11977
CINEBENCH R23(pts)
CINEBENCH R23/CPU 25173 25819 24348
同シングルコア 1606 1624 1573
動作音(dB)
アイドル時 35.2 35.8 34.6
CINEBENCH R23時 41.8 41.6 40.9

温度は、PCMark 10についてはPCMark 10の表示。CINEBENCH R23時はAIDA64 Extremeで測定している。
※室温21度、暗騒音32.6dB、ファン正面から30cmの距離で測定

AIDA64 Extreme/StressTest実行中の温度推移(XPG LEVANTE 360 ARGB標準)

AIDA64 Extreme/StressTest実行中の温度推移(ファンをXPG VENTO PRO 120 PWMに換装)

AIDA64 Extreme/StressTest実行中の温度推移(AMD Wraith Spire)

ハイエンドCPUを安心して使える高性能な簡易水冷クーラー
XPG VENTO PRO 120 PWMへの換装も効果あり!

 XPG LEVANTE 360 ARGBの冷却性能は、メインストリーム現行最速クラスのハイエンドCPUを運用するのに十分な水準にある。より強力なファンの換装も実際に効果があることを確認した。

 参考用に使った純正クーラーではCPU温度が80度を超え、ベンチマークテストのスコアにも影響があったように、最近のハイエンドCPUの性能をフルに発揮させつつ安心して運用するには強力な冷却性能を持つCPUクーラーが必要だ。ハイエンドシステムを組む際の選択肢としてXPG LEVANTE 360 ARGBは有力だろう。

 なお、ラジエータのファンを換装しての利用は、同じXPGブランドの製品を利用している範囲では保証対象内とのこと。また、いずれにせよ初期不良さえなければそうそう壊れる性質のパーツではないとも考えられる。ただ、標準ファンから、XPG VENTO PRO 120 PWMに換装すると、ファンのアドレッサブルRGBがなくなってしまい、イルミネーション演出がだいぶ地味になってしまう。その点は少し悩ましいところかもしれない。

Amazon.co.jpへのリンク(XPG LEVANTE 360 ARGB)
Amazon.co.jpへのリンク(XPG VENTO PRO 120 PWM)

 

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
06月
07月
08月
09月
12月
2019年
03月
04月
05月
06月
10月
12月
2018年
05月
06月
08月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
2016年
01月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2015年
07月
08月
2014年
04月
06月
07月
2013年
02月
03月
06月
2012年
09月
2010年
01月
2003年
07月