このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

新色ピンクにさらなる強力カメラ! iPhone 13、ASCII徹底大特集 第39回

【iPhone 13 Pro/13 Pro Max速報レビュー】カメラの進化に確かな手応え!

2021年09月21日 22時00分更新

文● 山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhone 13 Proシリーズの120Hz駆動に対応するProMotionテクノロジーを搭載。文字の多いウェブページを縦にスクロールすると、文字のチラつきが少ないことがわかる

120Hz駆動のディスプレー。ProMotionテクノロジー搭載の効果は

 もうひとつiPhone 13 Proシリーズだけが搭載する新機能が、10Hzから最速120Hzの間でSuper Retina XDRディスプレーの書き換え速度を、表示するコンテンツに応じて調整するアダプティブリフレッシュレート対応のProMotionテクノロジーだ。

 動画やゲームについては、120Hz対応のコンテンツを見つけてからまたゆっくり試してみたいと思う。取り急ぎ、たくさんの文字が並ぶウェブのニュースページをブラウザで開き、縦方向にスクロールしてみた。iPhone 13 Pro Maxの画面は文字のチラつきがよく抑えられて見やすかった。

5.4インチのiPhone 13 mini(右側)と6.1インチのiPhone 13

 動くオブジェクトが少ない画面を表示すると、ディスプレーのリフレッシュレートを下げてバッテリーの消耗を賢くセーブするという。iPhoneのバッテリー持ちにも効果が現れるのではないかと、期待できる。

 iPhone 13 ProシリーズのSuper Retina XDRディスプレーは、屋外での最大輝度を前機種の800nitsから1,000nitsに高めている。昼間の明るい屋外でも、画面の見やすさが向上したように感じる。

同じく5.4インチのiPhone 13 mini(右側)と6.1インチのiPhone 13

 iPhone 13とiPhone 13 miniは、主にカメラのスペックでiPhone 13 Proシリーズと差があるものの、本体はより軽く、片手で持ちながら扱いやすい。この点ではProシリーズよりも魅力的な、新しいiPhoneだと言える。また検証を深めてから、4つのiPhoneを比較したインプレッションも報告したいと思う。

 

筆者紹介――山本 敦
 オーディオ・ビジュアル専門誌のWeb編集・記者職を経てフリーに。取材対象はITからオーディオ・ビジュアルまで、スマート・エレクトロニクスに精通する。ヘッドホン、イヤホンは毎年300機を超える新製品を体験する。国内外のスタートアップによる製品、サービスの取材、インタビューなども数多く手がける。

 

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中