このページの本文へ

小惑星衝突を防ぐNASA実験で思わぬ影響か、新研究で指摘

2021年09月13日 11時10分更新

文● Jonathan O'Callaghan

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

宇宙探査機を小惑星にぶつけて軌道を逸らす実験である「DART」ミッションが年内にも打ち上げられる。主な目的は小惑星の公転周期を変化させることだが、シミュレーションによると衝突の衝撃で小惑星の自転にも大きな影響が出る可能性が分かった。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ